<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「くろさき茶豆」 From新潟

新潟産の「くろさき茶豆」を同僚とシェアしてお取り寄せ!

丸々とした茶豆。
枝豆は鮮度が命!
収穫するとどんどん味が落ちるということで、何よりも早く茹でなければっ!
a0035983_2302913.jpg

茹でたてに軽く塩を振って・・・これって夏の風物詩。
ほのかに温かい枝豆を食べる瞬間って、料理する人の特権みたいなもの?!


それはさておき、1人1kgの茶豆はけっこう多い!
母におすそわけするために一部冷凍したものの、まだまだたっぷり。
というわけで、先日の「ピーターコーン」とコラボしてみました。

a0035983_0441223.jpg-コーン&枝豆ごはん
-カジキマグロの酢豚風中華あんかけ
-モロヘイヤのすり流し






夏野菜が色々登場。
ごはんもおかずも進みます♪
[PR]
by ytommy20 | 2007-08-13 22:09 | ヘルシーおうちごはん処

夏恒例! ブルーベリー狩り

昨年の大好評に引き続き・・・・
今年も河口湖のブルーベリー狩りへ。
なかなか予定があわなくて、ちょっと遅めの日程になりました。

a0035983_2135415.jpg連休はじめにみごと当ってしまった今日、予想以上の渋滞にへこたれながらも、なんとか到着。

“採りつくされていたら、どうしよう~”という懸念は必要なかったようで・・・
またまたほぼ貸しきり状態でのブルーベリー狩り。
穴場なのかな?





摘んでは口に運んで、その甘味を堪能~。
やっぱり輸入モノとは訳がちがいますよ。
a0035983_21352492.jpg


そして収穫後は、これまた恒例?の直売所風の八百屋さんへ。
これも昨年見つけた穴場なお店。
ここでは、朝採りとうもろこしを購入~。
a0035983_21355881.jpg
さらに店内でも野菜をたくさん仕入れます。


うちに帰ったら、早速お料理!
とうもろこしは鮮度が命!なんですもの。



粒がそろった「ピーターコーン」、おいしそうっ。
a0035983_21365960.jpg

本日のメニュー
a0035983_21361364.jpg-とうもろこしご飯
-カツオと鯵のサラダ
-なめことモロヘイヤの和え物
-なめこの味噌汁
-角屋豆腐の冷奴






あえてシンプルなごはんたち。
ご飯と一緒に炊き込むと、甘みがひきだされるような気がします。
もちろんゆでたてのコーンも頬張りました!

そしてデザートも
-摘みたてブルーベリー
a0035983_21364219.jpg

満面笑顔な食卓でした。
[PR]
by ytommy20 | 2007-08-11 22:20 | Vege&Fruit Market

夏のクイックごはん

帰りの遅い日々が続いて・・・・残り物やおかず一品ごはんが続くと、気持がすさんできちゃいますね。

そんな時は日にちが変わっていても、野菜をたっぷり使った簡単な夕食(夜食?)を作る!
・・・・・少しでも落ち着いて食事らしいものを食べると、これは気持の癒しになります。

というわけで、今夜は夏野菜のクイックごはん。
a0035983_2182031.jpg
-焼きナスのサラダ添え うどん
-和風ガスパチョ











ナス、きゅうり、トマトなどをふんだんに使った簡単メニュー。
うどんは和風ガスパチョにつけて、食べてもいい感じ。
めんつゆは焼きナスサラダと共にうどんをつけてもいい感じ。

夏野菜で体リフレッシュ!
[PR]
by ytommy20 | 2007-08-09 01:01 | ヘルシーおうちごはん処

枝豆で「ずんだ団子」

昨日学んだ道明寺粉の餅生地で、団子作り♪

そして先日たくさんいただいた枝豆をすりつぶして・・・

-ずんだ団子
a0035983_211799.jpg
串にさすと、なかなかお茶目な感じです。


ずんだの衣は最初フードプロセッサーにかけてみたけれど、やはりカッターの刃では独特のツブツブ食感がでないため、すり鉢に変えてみました。
すると、あのまばらなツブツブ感が!

・・・やっぱり文明の力にまかせっきりでは、おいしいものができないのですね。。。
[PR]
by ytommy20 | 2007-08-06 22:57 | お菓子のアトリエ

ゆずの和菓子

待ちに待ったゆずを使った和菓子
-柚子タルト
-ゆず餅
a0035983_20565414.jpg
季節柄、今は青い柚子の皮をすりおろして使ったのですが、その香りの高さにうっとり~
冬になったらもっと活躍しそうな和菓子です。
[PR]
by ytommy20 | 2007-08-05 20:53 | お菓子のアトリエ

ヴィラデスト ガーデンファームアンド ワイナリーへ

以前からの憧れのワイナリーへ、ついにやってきました。

長野で宿泊、そして元同僚のNさんと合流して、東御市にある玉村豊男さんの「VILLA D'EST GARDENFARM AND WINARY」へ。

丘をのぼっていくと、ふと視界がひらけたところにあるワイナリー、
ブドウ畑だけでなくハーブや野菜の畑、そして自家製野菜でおもてなししてくれるレストラン。
そのすべてを包む空気が、心地良い!
本で読んで想像していたとおりの素敵な場所です。

手作り感のあるガーデンファームには・・・

   a0035983_0351071.jpgルバーブや
a0035983_0353145.jpgトマト

a0035983_0355092.jpg姫リンゴの木


もっと広い畑には・・・
   a0035983_0361193.jpgベリーや

a0035983_0363448.jpgズッキーニ















そしてランチはこれらの野菜を使った「ファームランチコース」を。

a0035983_0371999.jpgまずはヴィラデスト特製の「シードル」で乾杯♪
ノルマンディー地方の本場の味がします。







-前菜
a0035983_0365672.jpg


-メイン 「信州サーモンのフィッシュケーキ」  「信州産豚肩肉のハーブロースト
 3種の中から選べます。
a0035983_038212.jpga0035983_0381669.jpg

-デザート 「バニラムースとレモンバームのソルベ」
 そしてハーブティー
a0035983_0383892.jpg


盛り付けの美しさやその野菜の使いかたにうっとりしながらいただいていたら、時間があっというまに経ってしまいました。
13時からはワイナリーツアーに参加です。

a0035983_0391498.jpg日本の生食用ブドウ畑は棚と作って栽培する方法が主ですが、こちらはそれとは全く違います。
本場フランスの方法に習って、ブドウの支柱を立てて、ブドウを空に向かって栽培していくのです。










まだ夏の今は青いブドウばかり。
でもこの畑の中でも、シャルドネとメルローが栽培されています。
じっくり見ると、茎やつるに赤い色素が入っているのがメルロー。
a0035983_0394182.jpg

見ているだけで、癒されるブドウ畑!
いつまでもここの風を感じていたい・・・
そんな素敵なワイナリー、次は秋のブドウが色づく頃に行きたいです。


 
[PR]
by ytommy20 | 2007-08-04 00:11 | 旅の食紀行

長野のトマト

今日は仕事で長野県は松本へ。
トマト農家さんを訪問しました。

こちらがトマトの畑。
a0035983_0415361.jpg

・・・想像していたトマト畑とちょっと違う。
そう、これらはトマトジュースなどの加工用トマトなので、生食用のように支柱を立てて育てるのではなく、平らに地面に這わせるようにして育てているのです。

昨日収穫をしてしまったということで、今日は赤いトマトはあまりありませんでしたが、この加工用(ジュース用)トマトは生食用と比べると、色々な点で違うところがいっぱい。

■種類:一般的な桃太郎などの生食用トマトは「ピンク系」といわれ、実を割っても中まで「真っ赤」ということはありません。
でも加工用は「赤系」といわれ、完熟すると種やゼリー部まで「真っ赤」に。

■リコピンの量:リコピンとはトマトの赤い色に含まれる成分です。
ということで、中まで「真っ赤」になるまで完熟させた加工用トマトには生食用より圧倒的に多いリコピンが含まれる。

などなど・・・加工用トマトの話を沢山伺いました。
ここ長野県は加工用トマトの生産は全国の25%を占めるとか。
さらに、その25%の半分以上が、ここ松本平で栽培されているようです。
というのは、長野県の中でも松本平は日照時間や降水量、昼夜の寒暖差などのすべての点で、加工用トマトの栽培に適しているから、とのこと。

最高の条件で育てられたトマトで作る、トマトジュースは美味しいジュースになるのでしょうね!

a0035983_0422664.jpg加工用トマトは支柱をたてないし、若干形が悪くても出荷はできるということですが、心配されるのは「日焼け」。
なんと太陽の光にあたりすぎると、表面が黄色くなってしまって、中まで真っ赤に完熟しないようです。
そこで、こうしてトマトに藁をかぶせて、強い日差しをさえぎってあげるとか。
・・・こういう手をかけることで、美味しいトマトが育つのですね!

トマト農家さんはトマトだけでなく、お米や他の野菜や果物も栽培されていて、それらのお話なども伺って、すっかり心が温かくなりました。育てるものへの愛情がないと、やっていけないお仕事・・・すごくいい勉強をさせていただきました。

加工用トマトのお話も大変興味深いもの。
こちら「ナガノトマト」さんのHPでお勉強できます。
[PR]
by ytommy20 | 2007-08-03 23:20 | Vege&Fruit Market