カテゴリ:お菓子のアトリエ( 53 )

山梨フルーツでアイスクリーム作り

たっぷりと摘んだブルーベリー、冷凍してひえひえのところをいただく・・・
シャリっとシャーベットのようなところがたまらない!

たっぷりと買い込んだ桃、冷た~く冷やしていただく・・・
つるんとしてあま~い、とろけそうなところがたまらない!


こんな美味しい山梨のフルーツたち、暑い毎日を癒してくれるアイスクリームに変身させちゃいました。
a0035983_174598.jpg


フルーツの味を生かすために、砂糖などの甘みは極力少なめに、さっぱりとした酸味も大切にしたいのでヨーグルトを入れて、クリーム感もそこそこで・・・
アイスクリームというより、シャーベットみたいな感じになりましたが、口に入れた時の「シャリ~」「ひや~」「とろ~」の食感が何とも言えない涼しさを演出してくれます。

一応レシピはこちらに載せてみました。


食べるたびに「暑い夏もいいかも♪」と前向きになれるアイスクリームです。
[PR]
by ytommy20 | 2008-07-18 01:04 | お菓子のアトリエ

和菓子 卒業制作

長いこと通ってきた和菓子教室もついに卒業の時がやってきました。

卒業制作は、足掛け3週間かけて大作を作ります。
すべて砂糖や米粉で作る「椿」
花瓶から花びら、葉に至るまで、ひとつひとつ手で作り、色を塗って、組み立てていく作業・・・・・作る前までは果てしない!難しそう!と思っていましたが、やってみると無心・夢中になって、あっという間に仕上がりました。

クラスメイトの方々ともそれぞれ違う「椿」
3つの「椿」を並べて写真撮影。
a0035983_9402436.jpg


私が作ったのは・・・・・
a0035983_9414688.jpg

こんな感じです。
近くで見るとアラに気付いてしまうけど、遠目に見れば「椿」らしく、それなりに見えますかね・・・

卒業時期が夏になったので、「椿」の季節ではないですが、ほとんどの和菓子は「季節」や「行事」を表現するものが多いです。
この約2年の間、和菓子における季節の表現力というか、昔からの人々の感性というか、とても奥深いものを感じてきました。

卒業という区切りを迎えはしましたが、この心は忘れず、季節を「食」で表現できる人でありたい!!
と思うのです。
[PR]
by ytommy20 | 2008-07-06 22:39 | お菓子のアトリエ

春の和菓子でお出迎え

今日は旦那さんのご両親がいらっしゃる!
・・・と、ちょっと気が張ってしまう日。

家の掃除に片付け・・・平日はほとんどできないものだから、こういう時こそ張り切ってやらねば。。。と前日からアタフタしていました。

さて、問題はおもてなしのスィーツ。
(いらっしゃるのはお茶の時間なのです)

色々考えて、季節の和菓子と日本茶でしっとりとお出迎えすることにしました。
和菓子も作りたいものは色々あるものの、やっぱり分かりやすいおなじみのお菓子といえば、コレ。

-柏餅&桜餅

a0035983_23432111.jpg

a0035983_23433493.jpg









柏餅は
-ヨモギ×粒あん
-プレーン×こしあん
-桃色生地×味噌あん
の3種を揃えて、彩り豊かに。

桜餅はシンプルなものに、桜の花びらも添えて。
桜餅は見た目がかわいいのに、作り方はとっても簡単!
道明寺粉と餡、そして桜の葉さえあれば、急なお客様でも対応できそう。

でも柏餅作りはけっこう力を使う作業なので、気分は職人さん?
食感が重要なので、自分の勘が頼りなのです。。。

こうして、時間をかけて作って、自己満足に浸ってみるも、
食べるのは一瞬でペロリ。。。

でも「美味しい♪」という言葉がなによりの励みですね!


和菓子と引き換えに?お母さんが丹精込めて育てた、お野菜をたっくさんいただきました!
野菜室にも入りきりません~(嬉しい悲鳴!)

怒涛のごとく過ぎ去った週末。
気が張っていた割りに、和菓子作りでちょっと癒された週末。

また明日からは戦いの日々です!
[PR]
by ytommy20 | 2008-04-13 23:37 | お菓子のアトリエ

めでたい!和菓子

いよいよ師範コースに入った和菓子レッスン。

伝統的なものや行事もの、そして工芸菓子なども学んでいきます。
今日はお祝いごとの和菓子「ねりきり鯛」


こんな。
a0035983_22552445.jpg


こんな。
a0035983_22554030.jpg


こ~んなお菓子ができました!
a0035983_2256296.jpg


すべて「ねりきり」で出来た「鯛」。
お祝い事のお菓子なので、私の鯛はちょっと口角をあげて、にっこり笑ったお茶目な感じにしてみました。

おなかには「こしあん」

友人には「およげたい焼きくんの彼女」って言われました!
確かにおなかの「あんこ」は重たいです~
(・・・でも体も「白あんこ」が殆どですね。。。)

食べるのがもったいない!と一瞬思うけれど、でも一人で食べるほうがもったいない!
ということで、これはこの後行くホームパーティーの手土産とさせていただきました。
みんなで入刀して、おいしくいただきます♪
[PR]
by ytommy20 | 2008-03-16 22:54 | お菓子のアトリエ

柚子で和菓子

黄色い柚子の季節も終わりが近づいて・・・
ぜひとも作っておきたいお菓子がありました。

-柚子タルト
a0035983_2315146.jpg

「タルト」なんて名前がついているけれど、これは和菓子なのです。
どちらかというとロールケーキの様にも見えるけど、中心部分は柚子の香りを閉じ込めた「羊羹」。

習った時は夏だったので「あお柚子」でしたので、なんとしても「黄色」で作りたかったのです~

これは羊羹の固まるタイミングを見極めるのが重要。
なんとかそれらしく仕上がったようです。

こんな見かけはちょっと洋風、でも芯は「大和なでしこ」な柚子タルトちゃん、なんとも可愛いお菓子です。

これはスキーの時のおやつに・・・持って行きます♪
[PR]
by ytommy20 | 2008-02-22 22:57 | お菓子のアトリエ

和菓子連続・・・

この2日間、和菓子講習を立て続けにとってしまいました。。。

でもちょうど友人に会ったり、母に会ったりする機会があったので、ちょっとした送りものとして、試食してもらうことにしました。

まずは「棹もの」と呼ばれる、長く作って切り分ける和菓子。
寒天や葛を使って作る2品です。

-竹
a0035983_22524990.jpg


-黄味くず
a0035983_22532081.jpg


さらにこの日は「くず切り」も作りました。
できたてのくず切りは、なめらかでつるっとして、最高です!
和菓子屋さんでくず切りが高級なのは、葛粉が高価なだけではないようです。注文してから作ることで、美しい透明感が出るから。
そんなタイミングもあるようです。納得~


そして次の日はシンプルだけど、待ちに待ったこの品。

-薯蕷まんじゅう
a0035983_22535885.jpg

山芋と上用粉で作るおまんじゅう。
ふっくら、ほわほわな仕上がり。
やっぱり蒸したてが最高です♪
春らしい桜と蕨でお化粧したら、すっかりよそゆき顔になりました。


色々な素材を使うたびに、そして花や季節の表現方法を知るたびに、ますます和菓子作りに惹かれていきます。

茶道で和菓子の魅力を初めて知ってから、もう10年以上・・・
もっともっと腕を磨きたいものです。
[PR]
by ytommy20 | 2008-02-17 23:39 | お菓子のアトリエ

Happy St.Valentine's Day

今年もとってもHappyな日。

それは1日前に突然現実のものとなりました。
準備をしつつも、何か用事をつくらないと・・・と行動におこせていなかった私。
そんな中連絡をいただいて、もう即答!って感じでした。
メチャクチャ忙しい中、ちゃんと約束を実現してくれたKさん、素晴らしい!

というわけで、私の作り直してなんとか形になったガトーショコラをもって、まだまだ離れて間もない、渋谷へ行ってきました。


*Kさんからのショコラ*
a0035983_22324498.jpg


今年も相変わらずシックで素敵なラッピング。

a0035983_2233252.jpgそして、6種の力作のショコラたち。
こうして見つめているだけで、幸せな気持ちになってきます!
これがスィーツの力?
いえいえ、Kさんだからこそ、こんな素敵な気持ちを伝えられるんだろうな~と改めて思います。

どのオリジナルショコラも魅力的で、平日の慌しい生活の中で口にしてしまうのは、惜しい!
・・・・・でも試したい・・・という葛藤の中、なんとかひとつ頂くことにしました。

ワクワクと幸せな気持ちでいっぱいになる瞬間。
これが手作りのスィーツをいただく最高の時。

あとは週末にコーヒーとともに、じっくり味わいたいと思います。
こんなHappyなときをありがとう♪
[PR]
by ytommy20 | 2008-02-14 22:18 | お菓子のアトリエ

バレンタインに向けて

毎年この時期になるとなんだかワクワクする。
それはバレンタインが近いから。

別にバレンタインでドキドキするネタがある訳ではないけれど、街にかわいい飾りがあふれ、お店にきらびやかなチョコレートが並んで、それだけでもなんだか気持ちが高まりませんか?

そして、何よりも「ちょっと凝ってお菓子を作ってみようかな~」なんて思って、密かに計画をたてること、それが私の最大のワクワクの源なのです。
(密かにワクワク、ってなんだか暗いかな?)

a0035983_23182157.jpg今年は元同僚のTちゃんにもらった長野産のくるみを使って、ケーキを作りたいと、まずはレシピ探しから。
偶然見つけたレシピはチョコレートケーキの中に、キャラメルフォンダンを入れて、温めるととろけ~るケーキ。
この「とろける」ケーキって、けっこう憧れ。
さらにちょっとアレンジして、大好きなリンゴも閉じ込めることに。

こうして作ってみたのがこちら。
-とろけるキャラメルショコラ・アップル(・・・とでも言っておこうか)
a0035983_23154949.jpg


リンゴの甘煮はカルバドスも入れて、ちょっと大人風にうまくいった。
キャラメルフォンダンも難しい温度調節もなんとかうまくいった。
くるみはカリっと香ばしくいった。

・・・・・でもでも、肝心のこのキャラメルフォンダン、ケーキを焼いているうちに外に流れ出してしまって!!!
もう泣きそう~と思いつつ、何もできない私でした。。。。。

というわけで、「中からとろける」ことにはならず、「中が空洞」のチョコケーキが出来上がったというワケ。

正しくは、ただの
-ショコラ・アップル

というシンプルなケーキというわけ。


まぁこんな風に試行錯誤するのも、バレンタインの「ワクワク」の一環ということで、ヨシとしますか。
そしてさらに「作りなおし」と称して、また新たなケーキを焼いてみることにしよう!
私のワクワクは続きます・・・・
[PR]
by ytommy20 | 2008-02-09 22:57 | お菓子のアトリエ

枝豆で「ずんだ団子」

昨日学んだ道明寺粉の餅生地で、団子作り♪

そして先日たくさんいただいた枝豆をすりつぶして・・・

-ずんだ団子
a0035983_211799.jpg
串にさすと、なかなかお茶目な感じです。


ずんだの衣は最初フードプロセッサーにかけてみたけれど、やはりカッターの刃では独特のツブツブ食感がでないため、すり鉢に変えてみました。
すると、あのまばらなツブツブ感が!

・・・やっぱり文明の力にまかせっきりでは、おいしいものができないのですね。。。
[PR]
by ytommy20 | 2007-08-06 22:57 | お菓子のアトリエ

ゆずの和菓子

待ちに待ったゆずを使った和菓子
-柚子タルト
-ゆず餅
a0035983_20565414.jpg
季節柄、今は青い柚子の皮をすりおろして使ったのですが、その香りの高さにうっとり~
冬になったらもっと活躍しそうな和菓子です。
[PR]
by ytommy20 | 2007-08-05 20:53 | お菓子のアトリエ