カテゴリ:スパイス研究室( 3 )

うっちん酒

これは何でしょう??
a0035983_154262.jpg



答えは・・・・「ウコン(ターメリック)」

かなり大きな塊で生姜のようですが、あの切り口の深いオレンジ黄色は「ウコン」そのもの!

実はコレ、家の近くの無人直売所で仕入れました。
私の住んでいる地区は生産緑地化を進めているので、畑も多く、小さな無人直売所もちらほらあります。

今の時期だとナスとかキュウリとかカボチャとか、そんな夏野菜がワンコイン100円で売られているのですが、少し前にこの一見ナゾの物体を発見し、興味本位で買ってみたのでした。

カレーに使ってみたりしたけれど、これほどの大量なウコンは到底消費できない!


で、考えたのが「果実酒」

正確に言うと果実ではないから「スパイス酒」でしょうか。

色々調べたところ、沖縄には本当にそんなお酒があるようです!
もちろんアルコールは「泡盛」で。

というわけで、私も泡盛を使って「うっちん(ウコン)酒」にチャレンジ。
a0035983_1543824.jpg


ウコンの黄色い色素はアルコールに溶けるので、泡盛がだんだんと黄色くなってきます。

ちなみにウコンには「春ウコン」と「秋ウコン」、さらには「紫ウコン」などがあります。春と秋は別の種類で開花時期や花の色、さらにこの根茎の色も違います。通常お料理に使うのは「秋ウコン」で、「クルクミン」を多く含むため、色も深いオレンジ色に近いもの。
「春ウコン」は「クルクミン」の含有量は少ないですが、他に薬効成分を含むため健康食品としての利用が多いよう。

おそらくこのウコンは色からすると「秋ウコン」、多く含まれる「クルクミン」は肝機能を助ける働きがあるので、このお酒をちょっと飲んでおくと、悪酔いしない?!かも。
(これもお酒なんですがね)

そんなわけで出来上がったら父に届けます!
[PR]
by ytommy20 | 2008-07-25 01:43 | スパイス研究室

インド料理レッスン

今週末も大好きなインド料理♪

今日は基本のカレールーの作り方から学びます。

a0035983_1502421.jpgたっぷりの玉ねぎをひたすら炒めて・・・・信じられないくらいに炒めつくすと、美味しいカレールーのできあがり。
さらにチキンを入れて、コトコト超弱火で煮込み・・・・・
カレーのできあがり!と思いきや、そこからさらに冷蔵庫で2日寝かせると、最高に美味しいカレーができる。

インドカレーってほんと究極のスローフード!

今の世の中、クイックであることがいいとされることが多いけれど、(確かに私も毎日はひたすらクィックを目指しているけど)それって本来の食物を味わうことからそれやすいのですよね。
こうして何十時間もかけたカレーを食べて、その旨味を味わうと、「食する」という奥深さを感じるものです。

私もこの美味しさと「食」の奥深さを誰かに伝えたい!・・・と思うのでした。
たかがカレー、されどカレー。
いやいや、今度作りますよ。スパイスの配合、次回はオリジナルに挑戦してみます♪
[PR]
by ytommy20 | 2006-10-21 23:49 | スパイス研究室

インド家庭料理        2004/10/30

最近の野菜高騰の中、"でもやっぱり野菜たっぷりとらなくちゃ!"と「ベジタブル&フルーツマイスター」的に思って、インドのベジタリアン家庭料理「サブジ」を作ってみた。
(「ベジ&フルジュニアマイスター」の資格は無事取得!)
a0035983_163972.jpg

とはいえ、じゃがいもメインになっちゃった。
材料はじゃがいも、キャベツ・人参・グリーンピースと至ってシンプル。これじゃぁただの野菜炒めっぽい印象があるけど、「サブジ」はインドの「炒め蒸し」という調理法で作る家庭料理。
しかもマスタードシードやクミンシードを使って香りをだし、その後ターメリックとコリアンダーパウダーも使う、スパイシーな料理だったりする。このマスタードシードやクミンパウダーがじゃがいもとすっごくマッチして、やみつきになる味なのだ・・・。

野菜だけの料理でも表情豊かにするスパイスってすごい!とインドベジタリアン料理にも感服しちゃう私でした。
それはさておき、このblogのカテゴリは微妙。「ベジ&フルーツ」にもからみつつ、「Asian」でもあり、でもやっぱ「スパイス」かなぁと。
まぁそのへんが私のBaseってとこですね~。
[PR]
by ytommy20 | 2004-10-30 22:50 | スパイス研究室