カテゴリ:Vege&Fruit Market( 97 )

ライチ☆台湾直輸入!

「素敵なお土産が!」と帰ってきた旦那さん。
一体なんでしょう?
わくわく~

なんと台湾直輸入!「生ライチ」
a0035983_255715.jpg

いちおう日本で手にすることができるライチは、病害虫が国内に進入するのを防止する法律がある関係で、ほとんどが台湾・中国から輸入されるものらしいのですが、たいていのライチって冷凍品ばかりですよね。

早速氷水に浸して・・・キーンと冷えたところをパクッ♪
つるんとして、クニュっとした食感!これぞライチ!そして甘~い♪

美味しいフルーツ、幸せなひとときです♪
[PR]
by ytommy20 | 2006-07-06 23:54 | Vege&Fruit Market

野菜ソムリエの店「エフ」1周年

a0035983_1562161.jpg帰りに1周年記念との噂を聞き付けて、用賀にある「野菜ソムリエの店『エフ』」に寄ってみました。
ここはひとくちで言うと「八百屋」なんだけれど、そのイメージとは程遠い、とってもかわいいお店です。
いろいろなこだわり野菜があるし、説明書きなんかもかわいくって、読みながら店内もけっこうじっくり見てしまいます!




a0035983_1564260.jpg1周年記念ということで、大好きなマンゴーがちょっとおトクだったので、買ってみました!ちょうど良い熟れ具合で甘そう!!
そして、いろいろな品種がある中から、トマトは「キャロルセブン」を選んでみました。これは糖度が7以上あるから、「セブン」の名前がついたとのことで、ほんと甘くって美味しいのです。

そして1周年記念ということで、お会計をしたら豆乳をいただきました!
今度から大きい冷蔵ケースも入ったとのことで、そこにもこだわり食材がたくさんあるようです。
後から聞いたところによると、キムチがすごく美味しいとのこと。なんでも白菜にこだわっているからとのこと。

もっと近ければ、いつもちょこちょこ訪れたいのに、それがちょっと残念。
でもまた行こう~っと。
[PR]
by ytommy20 | 2006-06-17 23:55 | Vege&Fruit Market

梅酒作り

先日和歌山の生産者の方から届いたという「青梅」
-紀州・和歌山産 南高梅
a0035983_19373674.jpg

1kgほどいただいたので、初めての梅酒に挑戦です。
今までは母が毎年のように梅酒や梅干を漬けていたのをそばで見ていました。
梅干は日中に干す作業があるから、仕事をしている身ではできませんが、梅酒作りは伝統として?引き継いでいるような気分になり、ちょっと嬉しい。

まずは定番の「ホワイトリカー」を使用した梅酒。

a0035983_1937554.jpgそしてもうひとつは「ウィスキー」漬けの梅酒。
最近はいろいろな梅酒がでていますが、蒸留酒ならば相性がいいとのこと。
家にあっておそらく飲まないであろう、ウィスキーは漬けてしまいます~。
「ROYAL 12年 ミレニアム」・・・わりといいウィスキーらしいのですがね。。。。

氷砂糖と共に漬け込んで、冷暗所で半年たったら飲むことができるそう。
さらに熟成させて1年以上のほうが美味しいようです。

味噌や梅酒、手作りだと出来上がりを待つのが楽しみです♪

漬け物についてのバイブルはこちら
a0035983_1944586.jpg決定版!漬物―ちょっと自慢の、梅干し・らっきょう・ぬか漬け…
NHK出版 / 日本放送出版協会
ISBN : 4146461987
[PR]
by ytommy20 | 2006-06-03 19:23 | Vege&Fruit Market

青バナナ

仕事先の店頭で見つけた「青バナナ」
a0035983_23243532.jpg

以前に一度食べたことがあったけど、あんまりおいしく料理できなかったけど、今回も好奇心がムクムク!
ついつい買ってしまいました!

左の房になっているのは、フィリピン産の「カルタバ」
丈が短く、角ばっているバナナ。これはわりとよく見かけるタイプ。ちなみに6本くらいで¥184。

右の大きいのは、エクアドル産の「プランテイン」
ドミニカ種。こちらも現地では料理用として売られていることが多いもの。ちなみに1本で¥100。

これら青いバナナは料理用。包丁を使わないと皮もむけないほど固いし、まず甘くない。
だからこそ、野菜感覚で使えておもしろいのです!
しかも冷蔵庫にも保存できるので、沢山あってもだいじょうぶなのです!

ではどうやって料理するの?・・・というと、
*茹でる-皮をむいて、熱湯で15分くらい
*蒸す-皮つきのままで10~15分くらい
*電子レンジ-皮をむいて、濡れ布巾をかけてラップをして3~5分くらい

食感としてはイモ系のホクホク感が味わえます♪
バナナの産地では揚げることも多いようですよ。

私はこちらでサラダを作ってみました!
-青バナナとミックスビーンズのサラダ 
a0035983_2325949.jpg
お皿はシンガポールで買ってきた大好きなバナナの葉の皿にしてみました!
なんだかすごい変わった料理っぽいですね。。。!
手前はプランテイン、奥はカルタバ、食べ比べてみました。

-「プランテイン」 加熱するとホクホクするがやや粉っぽく、じゃがいものよう。
-「カルタバ」 加熱するとホクホクねっとりして、里芋のよう。

イモに近いけど、やや固い食感で特に深い味わいはない・・・のですが、パストラミビーフなどクセのあるものを添えていただくと、合いますよ!
そういえば、ハネムーンで訪れたニューカレドニアでも、肉料理の付け合せにソテーしたバナナが添えられていましたっけ。。。

今やお手軽に買えて食べられるバナナ、探してみると色々なものがあって、なかなか面白いです♪
黄色いバナナもまだまだ奥がふか~い!のです~♪
[PR]
by ytommy20 | 2006-05-19 23:23 | Vege&Fruit Market

長い「ナス」食べ比べ

出張先の博多で自分へのお土産に買ってできたのは・・・「ナス」
a0035983_22542171.jpg

といっても普通じゃない、「ナス」
こちら左から「大長ナス」「赤ナス」そして「長ナス」
「長ナス」はお仕事を一緒にさせていただいた青果卸の方からいただいたもの。

それにしても基本が「長ナス」だから、「大長ナス」があまり大きく見えない?けれど、実は50cmはあるのです!!
東京でもなかなか見られない、「大長ナス」、それもそのはずこれは九州で中心に出回っているもの。
「博多長」とか「久留米長」という品種が有名。

ではちょっと「ナス」話
*ナス科
*原産地:インド
*名前の由来:“植えてから早く成る=早く成す”からついたといわれています。
*栄養:94%は水分、主成分は糖質でカロリーは低い。皮にはポリフェノールが含まれるので、できれば皮ごと煮たり揚げたりする方がいいようです。
*品種:日本各地に在来種として沢山の品種があり、有名なのは京都の「賀茂ナス」や「もぎナス」。「米ナス」といわれているものは「ブラックビューティ」などの西洋種の日本での改良品です。
関東で一般的に売られている10cm位のものは「長卵形ナス」。

そしていよいよ長いナスたちを食べ比べ!
まずは「焼きナス」バージョン
a0035983_2254485.jpg
-「大長ナス」 一番やわらかくて、甘い。
-「赤ナス」 実がふんわりして、ホックリ。あっさり味。
-「長ナス」 実がひきしまっている。しっかり。ナスらしいアクを感じる。

そしてお次は・・・「ナスの酢醤油」
a0035983_2255541.jpgこれはナスを細く切って、塩もみし、塩を洗い流して絞った後、酢と醤油えいただくもの。
新鮮なナスはこうやって食べると美味しいんですよ~。

こちらでも「大長ナス」は実がやわらかくって、美味しかった!
しかもアクが少ないのか、生でもすごく食べやすいんです~♪

こうやって、食べ比べすると違いが分かって面白い~!
ナスはまだまだ品種があるから、もっと色々食べていきたいな。
でもお料理にしても、和食から中華、イタリアンまで美味しくなるから、ますます楽しみです♪
[PR]
by ytommy20 | 2006-05-17 22:52 | Vege&Fruit Market

「野菜ソムリエの店」『Ef:エフ』のケーキ

今週のご褒美♪というわけではないけれど、注文していたケーキが届きました♪
毎月変わるフルーツのテーマ、今月は栃木県産「とちおとめ」を使った、イチゴたっぷりのケーキ♪
a0035983_4311274.jpg

なんと1本にイチゴ1パック半も入っているとか!
しかもベーキングパウダーは使用せず、かなりギュっと凝縮されたケーキです。

お茶を入れて・・・真夜中のおデザでいただきました。
イチゴ満喫♪美味しい♪

極上の「至福のひととき♪」でした。

~*~*~ パティスリー情報 ~*~*~
patisserie de bon coeur (ドゥ・ボン・クーフゥ)

住所:品川区小山3-11-2-1F
TEL: 03-3785-0052
開店時間:12:00~20:00
定休日:火曜日
最寄駅:目黒線武蔵小山駅

Ef:のフルーツをたっぷり使った、どっしりとしたケーキが美味しい♪
ギャラリーにもなる不思議な店内、他にはないパティスリーで素敵。
[PR]
by ytommy20 | 2006-05-12 23:51 | Vege&Fruit Market

山菜摘みへ!

いよいよ旅のメインイベント、「山菜摘み」

朝早くに野沢温泉を出発し、目指すは野尻湖。快適な下道で約1時間ほどのドライブ。
今回は「山菜摘み」初心者の私達、まずはガイドさんのいるツアーでお勉強しようということで、野尻湖の「サンデープランニング アウトドアスクール」の「山の幸教室」に参加したのでした。

野尻湖周辺はまだ早春くらいの陽気、風がひんやりとして肌寒いくらい。
山菜摘みには少し早すぎるので、「山の幸教室」一行は野尻湖を出発し、新潟県上越市を目指しました。

本日の先生(ガイド)は吉原校長。毎日のように山へ入り、山菜の研究をされて知識が豊富な方です。

上越市の山林地帯に着いた・・・と思いきや、車はさらに奥へ進み・・・ひと気のない山中へ。
「山菜摘みハイキング」は一体どんなことになるのかな、とワクワク~♪
ちなみに「山菜摘み基本スタイル」はこんな感じ。

a0035983_23203764.jpg後姿もかなりイケていないけど、どれも必須アイテム。
①長袖、長ズボン
②日差しよけの帽子
③長靴(湿地を歩くため。レンタル可)
④リュック(お昼のお弁当をしっかり持って)
⑤軍手(山道では手が汚れるのです。レンタル)
⑥びく(採った山菜を入れます。レンタル)
みんなこ~んなスタイルでさぁ山へLet’s Go!

a0035983_2320571.jpg山へ入るなり、薄紫の「カタクリ」の花が迎えてくれます。心が癒される感じ~。
「山菜摘み」のコツは、“とにかく急がないこと”
地面付近をじっくり見ながら、ゆっくり進んでいくのです。
a0035983_23213096.jpg最初は「山道歩き」だと思っていたけれど、山菜を追い求めるうちに、少しずつ道を外れて・・・先生はすごい山を登っていきます!
これはもう道ではなく、草や木をかきわけて進まなければなりません!
「マジ?」・・・一体どうなるんでしょう~?

a0035983_23215912.jpg林の中や開けたところには、山菜がいっぱい!
先生の説明を聞きながら、探して採って行きます。





a0035983_23222436.jpg-イタドリ







a0035983_2323133.jpg-十文字シダ






a0035983_23232189.jpg-ゼンマイ







a0035983_23233912.jpg-キバナアキギリ






a0035983_23235260.jpg-コシアブラ







a0035983_2324759.jpg-ゴマ菜







さらに山を登りつめ、到着したところは「コゴミ」の群生地!
a0035983_23244956.jpgしかし・・・数日間遅かったのか、もうすべて育ってしまい「食べ頃」を過ぎているものがほとんど。
あ~残念!あと3日間早かったら、籠いっぱいのコゴミが採れたのに!
とはいえ、少し採ることができました♪

その他見たこともなかった山菜がたくさん!
もうどれも食べられるものなのでは?と思ってしまうほど。「コレ美味しそう」なんて言いながら歩いていたりして。
でもやはり危険なものはあるのです!
例えば・・・
a0035983_094949.jpg-トリカブト
名前を聞いたこともあるほどの猛毒!
しかもこれに似たような山菜もあるようで、注意が必要です~!

a0035983_01246.jpg-マムシ草
根元の模様がマムシっぽいということでつけられた名前。これは葉部分がウドに似ていたりして、「おっ♪」と期待してはガッカリ~ということが何度もありました。


途中、沢に面したところを渡って滑って落ちそうになりながら歩いたり、とにかく「ハイキング」なんてもんではない「山歩きサバイバル山菜摘み」!
でも食べ物という目的があると人間頑張れるものです!
15時すぎには、びくの中には沢山の山菜が!
a0035983_0123157.jpg
この“びく”いっぱいにして30人分というのですから、これだけでもかなりのものです!
ちなみに先生は・・・40人分の“びく”はほぼいっぱいになっていました!さすがです!


「山菜摘み」は終了し、また車で野尻湖のロッジに戻り、食べられるものを仕分け。
ふたつの“びく”をあけると、こ~んな山菜たちが!
a0035983_0125073.jpg

ワラビ・ゼンマイ・トリアシ・キバナアキギリ・ミズ・イタドリ・コゴミ・山ウド・ウバユリ・コシアブラ・十文字シダ・ゴマ菜
以上12種類!

こうして収穫品を見ているだけで満足~♪
どうやって料理しようかな~♪

山を歩き回って、山菜を学べて、いっぱい採れて、「山菜摘み」って楽しい~♪
6月くらいまでは採れるそうなので、ぜひまた来たいな!
[PR]
by ytommy20 | 2006-05-05 23:18 | Vege&Fruit Market

「野菜ソムリエ」日経MJに掲載!

a0035983_231674.jpgついに掲載されちゃいました。
今朝はびっくり。
・・・なんだかお恥ずかしい・・・ですが、逆に自分の写真という感じがしません。

とりあえず、ナチュラルローソンの「野菜ソムリエ」をどうぞよろしく、です。

ちなみにNL、近々オフィスの近くにもできるとか。
残念ながらエフの新鮮お野菜の棚は入らないようですが、私はNLの「オーガニックコーヒー」と焼きたて「クリームチーズ&ブルーベリーマフィン」が大好き!♪なので、かなり楽しみです。

これからもまた、残業おやつが充実しそうな予感・・・!
[PR]
by ytommy20 | 2006-05-01 23:02 | Vege&Fruit Market

またまた取材対応

a0035983_1204889.jpg今日も朝からナチュラルローソン恵比寿三丁目店の「野菜ソムリエ」役で取材対応。
今回は写真の撮影だけだったので、トークはなくひと安心。

そんなわけで割合冷静に現場を見れたのですが、コンビニで新鮮な野菜があるところ、ってめったにありません。たまに置いてあっても、まだそれが周知されていないと、それほど回転していく商品でもなく、古びていたり・・・。余計に買いたい欲求がなくなってしまうことも。

でも、ここの恵比寿三丁目店には「野菜ソムリエの店 エフ」のこだわりの新鮮野菜が豊富に置いてあるのです!仕事が遅かったりすると、生鮮食品が手に入らなく、食生活が悪くなってしまう人もこんなに手軽に買える場所があれば、最高!っていつも思います。
しかもこの野菜果物の色って、「ビタミンカラー」とも言われる鮮やかな色が多く、売り場を見るだけでもなんだか元気が出てくるような気がします!

という私もとってもおすすめのこのお店。
上手くトークはできないけれど、少しでも多くの人に広がって喜びを分けてあげられたら!と思うのです。

今回の写真は「日経MJ」に掲載されるそう。いつ発行のものかはまだ不明です~。
とりあえず、またひと仕事終わって、ふぅ~と一息つけたのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2006-04-21 23:19 | Vege&Fruit Market

取材って疲れる・・・

急に「野菜ソムリエ」役として取材対応することになり、「野菜ソムリエの店 エフ」の野菜が入っている、ナチュラルローソン恵比寿三丁目店へ。

a0035983_118648.jpg今の時期はトマトが一番美味しい時期。
ショーケースにも数品種のトマトがいっぱい!
トマトの目利きについて話をするはずだったのですが、実際の質問は想定外の項目ばかりで、もうドキドキでした。
こういうときにとっさにいい回答を考えて上手く話すって、なんだか英会話で頭の中で翻訳しながら話すのと同じくらい、不自然で堂々巡りな話になっていそうです。。。

とはいえ、黙るわけにもいかず、やっぱりトークする取材対応って大変です。疲れる~。。。
顔がややひきつっていたかも・・・
こんな画像ですが、いちおうCSのTVで放映されるそうです。

番組はCSの日テレNEWS24「まーけっとNavi」4月19日(水)AM8:58~

CSなので、自宅では見られないのですがね。。。幸いに。
うまくカットしていいとこ撮りになっていますように・・・!
[PR]
by ytommy20 | 2006-04-18 23:19 | Vege&Fruit Market