カテゴリ:手作りパン工房( 19 )

もちもちトマトフォカッチャ

先日東京ドームで開かれた「イタリアンフェスティバル」に行って、おいし~いエキストラバージン(E.V)オリーブオイルの試食をした。たかがオリーブオイル・・・と思っていたけど、良質のものは油っぽくないしサラっとして香りも良くて、パンにつけるだけでもすごく美味しかった~。
ただしお値段は1本4000円くらい・・・ちょっと手がでなかった・・・ので、帰りにおなじみの成城石井に行き、「有機栽培 E.Vオリーブオイル」を購入。

というわけでまず作ったのは「トマトフォカッチャ」。
a0035983_23182822.jpg

トマトジュースで生地を練り上げ、表面にE.Vオリーブオイルを塗って焼き上げる。仕上げに再度オイルを塗る。
このおNewのオリーブオイルの香りがいい!やっぱ加熱しないで食べるのが香りが楽しめていいかも。
パンの上には・・・乾燥バジルは切らしていたので、乾燥イタリアンパセリと岩塩の結晶をのせてみた。この岩塩はお気に入りで私のフォカッチャにはかかせない材料のひとつ。

今回のレシピはこれもお気に入りの雑誌「料理王国」のパン職人特集にのっていた"エリオズカフェ"のシェフのおすすめのもの。レシピの生イーストの代わりにドライイーストを使用したけど、二次発酵時間が長いためイースト臭は気にならない。(これはパン作り好き友人Mからもアドバイスされたこと)

ところで「イタリアンフェスティバル」で、もうひとつ目からウロコものだったものは「バルサミコ酢」。今までお手頃もので満足していたけど、25年モノを試食したら、ぜ~んぜん違った!トロっとして、ほのかな甘みさえもあり、これならフルーツやアイスクリームにもかけたくなるよ~!ってぐらい美味しかった・・・。しかも寝かせたものだから、アミノ酸が増えて体にもいいみたい。いいことずくめだけど、1本200mlで5000円は考えちゃうよな~。いつかこの"清水の舞台モノ"の「バルサミコ酢」、買いたいなぁ~と思うのだった。
[PR]
by ytommy20 | 2005-01-17 22:40 | 手作りパン工房

チョコの甘い香り

友達のMオさんから"料理教室で習いたてのメニュー作ってま~す!"っていうなんだかとても楽しそうなメールが来て、私も急に創作意欲にかられて、夜からパンを作り出してしまった。
今日のパンは「カルーア・ショコラ・マカダミア」
a0035983_1555144.jpg

M社のマカダミアチョコを砕いて、パン生地で巻き込んだものを切って型に並べて焼いた・・・んだけど、ものすごいふくらみよう!見た目のボリュームがすごいけど、焼成中の香りは甘くて香ばしくって、あ~とろけそう~って感じだった♪
生地はコーヒー風味にするはずが、インスタントコーヒーがなかったので、長年寝かしてある(?)カルーア・リキュールでコーヒーの香りづけ。これがけっこうコクのある香り!焼きたてをついついパクっと試食してみたら、口に広がる心地よい甘さとほのかなコーヒーの香り、そしてマカダミアナッツのカリっとした食感が美味しかった・・・・。焼きたて、やめられませんね~。

ところでこんな風に料理とかするのは前頭前野にいいらしい。というのは、仕事やストレスで疲れた脳は"心地よい集中力"で回復されるらしく、料理なんかは(好きな人にとっては)まさにうってつけ!
しかも明日の朝食の楽しみもできて、明日もがんばれるかも!うん、一石二鳥!・・・と楽しいひとときでした。
[PR]
by ytommy20 | 2005-01-14 01:56 | 手作りパン工房

お雑煮もいいけど・・・

朝にお雑煮を食す・・・というのはお正月ならではの贅沢な時間のひととき(だと私は思っている)♪
だけど、お餅が続くとちょっともたれちゃうので・・・そんな時はやっぱりパンも食べたくなっちゃう。というわけでクリスマスのパンだけど、焼いてみました「パネトーネ」
a0035983_22151997.jpg

こちらはイタリアのクリスマスのパン。
卵や牛乳、バターを使った生地にラム酒漬けのレーズンやオレンジピールなどを沢山入れました。
ドーム状の形もなかなかかわいい。しっとりとした生地なので、そのままパクパク食べてもおいしい。

これぞ「箸休め」ならぬ「茶碗休め」でしょうか・・・?
[PR]
by ytommy20 | 2005-01-02 22:08 | 手作りパン工房

ちょっとおデブなクリスマス!

クリスマスにちなんだイベント第一弾!・・・というほどではないけど、今日は「シュトーレン」を焼いた。
(発酵がバッチリすぎて、おデブなシュトーレンになってしまった)
a0035983_131296.jpg

「シュトーレン」はドイツのクリスマスのパンで、なまこ型に仕上げて粉糖がたくさんかかっている。中にはドライフルーツ(レーズン・オレンジピールなど)のラム酒漬けやスライスアーモンド、くるみがギッシリ!
私のラム酒漬けはかなり年季はいってるから、焼いてしばらくおいておくとラム酒が全体にまわって、芳醇でしっとりして美味しくなる♪
最近ではこの時期パン屋でもよく見かけるようになってきたけど、この芳醇さを味わっちゃうと、どうも毎年作りたくなっちゃう~。
今日作ったものは週末の鍋パーティへ持っていくことにしよう♪

そしてそんなラム酒漬けのドライフルーツはまだたくさんあるから、今年は「パネトーネ」にもチャレンジしようと紙の型だけは用意してみたけど。。。できるかな、時間的に。いやいや眠い目をこすりつつもついつい作ってしまうんだよね。
[PR]
by ytommy20 | 2004-12-15 01:30 | 手作りパン工房

サツマーニュ

今日はさつま芋を使って、きび砂糖でキャラメリゼにしたものを巻き込んだ「サツマーニュパン」を焼きました。
a0035983_159173.jpg

香ばしくするためグラハム粉も入れて、残り物のホイップクリームも加えて・・・かなりリッチ配合かも!
そのおかげか、すごくふっくら!表面カリっ!きれいに焼けました~!

パンやお菓子がおいしそうに出来上がると、すご~く幸せな気分になれる!さらにおいしかったら、ダブルで幸せ!
忙しくって、気持ちによゆうがなくなりつつある時こそ、こういうのって大切~っていつも思う。

朝さっそくいただきま~す!
[PR]
by ytommy20 | 2004-12-02 01:59 | 手作りパン工房

ダブル芋パン        2004/10/17

紅芋シリーズ第2弾!ということで、今度は生地に練りこんでみた。
具にはさつまいものダイスカットしたものを、カラメリゼして加え
「W(ダブル)芋パン」!
a0035983_1355462.jpg

紅芋フレークはやや控えめにしたので、色はうす~い紫。
ベニアズマはカラメリゼしたから自然の甘みに加えて、さらに甘いコクがでて香りもよく、いい感じ。
パン生地は今まで改良してきたけれど、菓子パン生地は今日くらいがほどよくて扱いやすい組織になってきた気がする。

さらに今日はハケの洗い方も教えてもらった。ハケは常にふさふさでソフトにしておかないと、パン生地を傷めてしまうとか。。。なるほど、道具も大切にしてあげないとおいしいパンは焼けないんだね、と感心。

芋・栗・かぼちゃ・・・・秋はおいしすぎて、大敵になりそう
[PR]
by ytommy20 | 2004-10-18 01:35 | 手作りパン工房

紅芋あ~んパン         2004/10/3

引き続き沖縄ネタ(?)。仕入れてきた「紅芋フレーク」を使って、焼いたのがこのパン。「紅芋あんパン」
a0035983_1535527.jpg

前回のパンをちょっと配合変えて、菓子パン風にした。フィリングの「紅芋あん」は白あんに紅芋フレークを混ぜて、練り上げたもの。
この割合が微妙だけれど、ちょうどほどよく仕上がった!
ちなみに紅芋あん配合はコチラ。

 -乾燥白あん  90g
 -紅芋フレーク 25g
 -砂糖      180g
 -水       360g
 -塩       ひとつまみ
作り方:厚手の鍋で練り上げる。最後に塩を加えて、さらによく混ぜる。


紅芋は沖縄特産のさつまいもだが、虫などの予防で本州に持ってくるには、検疫を通さなければならない。外観はふつうのサツマイモで、中は薄紫。火を通して、初めて鮮やかな紫になる。

かわいいプチサイズのあんパンだけど、ちょっとノスタルジックな気分になれるパン。うまくできたので、料理教室のお仲間にも配ってみました。
[PR]
by ytommy20 | 2004-10-03 15:32 | 手作りパン工房

ふんわり焼きたて!      2004年9月13日

a0035983_0535886.jpg
今夜はついに、ふんわり~ふくらんだ!コーングリッツのパン。
あまりに嬉しくて、バンコク「Nandakwang」で買ったお気に入りのクロスとミトンも一緒にパチリ!
今回のレシピはおいしそうなパンblogを発見して、参考にさせていただいた。私も最近「きび砂糖」がお気に入り。塩はフランスの岩塩で・・・塩味が低いから、けっこういいんじゃないかと思ってる。
パンって焼きたてを朝食にしたりするのが、最高だろうな~と思うけど、私はいつもいつも"夜型ベイカー"のため、試食で我慢・・・とほほ。こんな時こそウンチク語らずに、焼きたてをムシャムシャと食べたいところ~。
でもまぁ明日のお弁当はサンドイッチで行こうかな♪
やっぱパン作りは楽しい♪
[PR]
by ytommy20 | 2004-09-14 00:54 | 手作りパン工房

ホームベーカリー活用術への道

「ホームベーカリー」を買ってから1年半くらい経つ。最初は添付ブックのレシピでシンプルな食パンとか焼いていたけど、使えば使うほど欲張りになってきて、オリジナルで材料混ぜてみたり、トマトジュースを仕込み水にしてみたり・・・・とかなりいろんなパンを作ってきた。トマト風味のフォカッチャなんかは友達にも好評だったり~。ここ最近は自動コースの"食パン"の形で焼くことはほとんどなくなって、生地こね+一次発酵だけしてくれる"生地コース"ばかりやっている。
目下の問題点は焼きたては中はやわらかくって、表面はカリっとしておいしいんだけど、次の日に固くなる・・・ということ。もちろん一次発酵以降の作業は私の手作業だから、それがまだまだ未熟なんだろうけど、材料配合も改善の余地があるのでは?と思っていた。
そこで、しばらくのテーマは"ホームベーカリー"でのおいしい配合作り・・・ということで、%配合ですべてg(グラム)重量に換算して改良を重ねていくことにした。これはよく仕事でやってる開発・改良作業とほぼ同じ。
今日はその一号でたたき台のつもりなんだけど、けっこううまくいった。(今日のところは)あとは、明日の固さが問題。基本の生地配合を決めたら、そこからいろんなものをプラスして楽しいオリジナルフィリングを楽しんでいけそう!・・・と食いしん坊ってけっこう探究心旺盛だったりする。
「手捏ね」が流行っているけど、時間的になかなか余裕がなくても手作りパンが楽しめるのが「ホームベーカリー」のいいところ。さらに活用して、いろんなパンが楽しめたらもっと嬉しい!
パンの本もいろいろ研究しないとね!これからお弁当は毎日サンドイッチになりそうな勢いです。。。。

焼きたてパンに手作りカボチャジャムを添えて・・・
カボチャは「白皮栗かぼちゃ」を使い、そこへフィリピンマンゴーも加えて、酸味に合う味にもってきてみた。コクを出すために、きび砂糖を使ったので色はやや濃いめ。ほのかな酸味がカボチャをくどくなくして、さっぱり仕上がった。
a0035983_2262840.jpg

[PR]
by ytommy20 | 2004-08-29 02:24 | 手作りパン工房