カテゴリ:Food Businessへの道( 17 )

おべんきょうDAY

時々スランプに陥ると、「あ~やっぱり勉強がたりない・・・」と思う日々。
一体何が「足りない」のか、ハッキリしてるようなしてないような。
まぁつまりは人生まだまだねぇ・・・知識も経験も足りないのを実感するわけで。

ということで、ついに?ようやく?一歩を踏み出すことにし、Food Marketing的な勉強を始めることにしました。
それと同時に、以前から通っていた薬膳料理教室もありまして・・・
今日は「ハシゴ」になりました。。。

この薬膳料理、実は今日から中級クラスにあがることになり、「料理教室」といえど理論中心になるため、しばらくは「座学」のみなのです~!食べ物がないのは寂しいです~。。。
今日のテーマは「中医診断学」。
その中で「舌」の診断学はとっても興味深かったです!

「舌は健康のベロメーター」・・・という言葉聞いたことありませんか?
そう、舌の色や形、表面の様子は体調をバッチリ表しているのですよ。

舌の部位(先、両端、中心部など)によって、薬膳の五臓を示し、(これは絵を書かないと分かりにくい・・・)さらに、
・赤さ-ストレスを表す
・形が波型-歯痕胖大といって、体内に水分がたまりむくんで、舌が膨張し、歯の跡がついている
・白いものがついている-食積、つまり食べ過ぎで食べ物のカスが付着(舌苔)
・黄色っぽい-熱を持ち、内熱が出ている

・・・などなど、さらにかな~り細かく診断できるようです。。。
さて肝心の私の舌は?
・先端部分が赤い→心や肺にストレス
・形が波型→むくんでいる
・中心部から奥部が黄色がかっている→脾・胃・腎に内熱

う~ん・・・これってかなり最悪っぽいです(-。-;)
改善の余地、ありですねぇ。。。

みなさまも時々、鏡をのぞいて「アッカンベ~」で舌の様子、見てみてくださいね。
健康状態、確認してあげてください~。
(その後のケアは?・・・また学んだら報告します!)
[PR]
by ytommy20 | 2006-04-22 23:32 | Food Businessへの道

クッキングデモデビュー

a0035983_1192061.jpg今日は外部でクッキングデモをするお仕事です。
企画からレシピ作成、そして実演まで、周囲の協力を得て進めてきた、その本番。

緊張するかと思っていたけど、意外とスムーズにできたような・・・気がします。
もちろん反省課題が細々とはあるのですが。。。
今までマネキンのアルバイトやABCの講師など、現場の第一線で活動してきたことが活かせたような気がしました。

一生懸命やっていることでも、時々「何で私こんなことやっているんだろう?」とか「今のままでいいのだろうか?」とか、やはり壁にぶち当たる時が何度もあると思います。
でもそれでも、自己満足かもしれないと思いながらも、精一杯やっていれば、やがて自分に返ってくるものがあるのだと、最近実感しています。
今の仕事に移ってから約半年。ようやく少し手ごたえを感じられるようになってきたという感じです。

急にはステップアップできませんが、そんな経験を徐々に積み重ねて、成長していけたら・・・と思う今日この頃。
とはいえ、まだまだ自分で満足するまでには至っていないので、これからも頑張らなくては!
[PR]
by ytommy20 | 2006-04-19 23:18 | Food Businessへの道

コラーゲン補給

最近お仕事で外食の機会が増えています・・・。
料理作るのも楽しいけど、やっぱり外にも出るのもいい刺激です!

特に人生今まで避けてきた「もつ」というものに、つい最近魅了されてしまいました。
今まで臭みがあるイメージだった「もつ」
でも新鮮なものはそうではないのですね!
博多でその味を知り、さらに今日は「もつ鍋」にチャレンジ!

渋谷にある、博多の老舗「黄金屋」に行ってきました。

a0035983_23425841.jpgこちらの鍋は「醤油」と「味噌」味の2タイプ。おすすめは「醤油」ということで、早速オーダー。

スープの色は想像していたより薄い色、具材はキャベツ、ニラ、ごぼう、豆腐、そしてもつ。
こちらのお店は野菜はオーガニック、そしてもつは国産牛の小腸、とこだわりがあるようです。




すでに温められてでてきた鍋、ではではいただきま~す♪
薄い色のスープは昆布のお出汁が効いて、とても上品なお味。
そして肝心の「もつ」は、博多で食べて感動した、あの白くてとろけるような「ホルモン」!
すごく美味し~~い!
しかもコラーゲンもたっぷりだとか♪

奥には福岡といえば、の「ゆず胡椒」、白ゴマ、粗切り唐辛子、そしてなぜか島とうがらしまで用意されています。
このスープと「ゆず胡椒」の相性は抜群!
香り高い辛味が効いて、また違った美味しさでいただけます。

〆は「ちゃんぽん麺」を入れて、しっかりスープを吸わせてふくらましてからいただきます。
麺をのびさせるなんて・・・と不思議な気もしましたが、うどんのようになった麺はスープの味が染みて、しかも食感も残っています。どうやら本場博多の製麺所から取り寄せているということ。
そしてこの時のスープはキャベツの甘みとごぼうのお出汁も効いて、ますます美味しくなっているのです・・・。

目からウロコとはこのことですね!
また美味しい味を知ってしまいました。
「食」のお仕事、食べることが辛くなることもありますが、味に感動したり、食材のこだわりに感動したり、そして一番は仕事で知り合う方々の考え方や知識に感動、そして学ぶことがいっぱいです!
ますます頑張らなければ!と思うこの頃です。
[PR]
by ytommy20 | 2006-03-10 23:43 | Food Businessへの道

開発者のよろこび

ふと立ち寄ったコンビニで待ちに待ったものを発見!

a0035983_23562262.jpgなんとそれは前職で開発をしていた商品。
開発のラインテスト段階で退職してしまったので、その後はネーミングも発売日もよくわからぬまま。
思わず即購入!
そしてラベルを見たら・・・私の配合でした♪
思い出せば、毎日四苦八苦して開発した食感とフレーバー。
調査でダメ出しされたり、工場でうまく流れなかったり、そんな失敗を超えてきたものだから、
こうして商品という形になって、店頭に並んでいるのを見ると、感動を覚えます!

「開発職」というと聞こえはいいけれど、毎日の仕事はかなり地道。
ひたすら微量の差で試作、試作、試作・・・。でもそうして作り上げていいものができていくと、やりがいがあるし、商品化された時の喜びはひとしお!
そんなエゴのためだけに仕事しちゃイケナイんですが、でもどうしても我が子のように可愛く思えてしまうんですね。

こんな私の密かな喜びを、そっと書きとめておきたかったのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2006-02-26 23:55 | Food Businessへの道

博多から大阪へ

今日AMは打ち合わせ、そしてそのまま噂のお店のランチに同席させていただくことに。
「旨いとんかつ」・・・ってどんだけ美味しいのでしょう?
普段あまりとんかつを食べない私には想像もつきませんでした。

さて向かうは「里のとんかつ あんず」
ここのコンセプトは“「食」に関するすべてのものにこだわりを込めて・・・”
例えば、米-奴山の自社農場で育てられた「ひのひかり」
・・・豚肉-上州豚「とことん」
・・・野菜-奴山の自社農場(あんずの畑)
・・・パン粉-特級粉使用、ビタミンEをたっぷり含むもの
・・・油-植物油(コーン)

ということ。どんなものが出てくるんだろう~とワクワク♪
メインの前にはまず野菜サラダと切干大根が出てきました。

a0035983_21453.jpgサラダには自家製ドレッシングがついてきて、切干大根はこれも宮崎産の切干大根を食感を残すように仕上げたもの。う~ん、これだけでもお店のこだわりを感じます・・・。

そしてまずは「古処鶏かつ」
a0035983_213829.jpg肉厚なチキンカツは口にいれるとフワっとして、やわらかい食感。そしてパン粉のサクっとした口あたりが広がり、お肉のジューシーさも広がります。
う~ん・・・美味しい!

お次は「厚切りロースの生姜焼き」
a0035983_215662.jpgこれはまず見てビックリ!生姜焼きってペラっとしたお肉が普通のはずなのに、なんと厚さ1.5cmはありそうな豚肉!生姜はお上品に針生姜状態になったものが添えられています。
口に入れると、とってもジューシー!これはステーキと十分呼べる代物です!

そして待ちに待った「黒豚ロースかつ」
a0035983_221174.jpgこれも厚みのあるお肉!しかも中心部はうっすらピンク色。品質がいいので完全に火を通さなくてもいただけるようです!豚肉なのに!
サックリパン粉にジューシーな食感、でも油っこさを感じないこのとんかつは何者でしょう?
ようやく意味を理解いたしました。

ちなみにこの黒豚は薩摩の黒豚。通称六白黒豚といい、四本の足首と鼻と尾っぽの六ヶ所が白いゆえに「六白」といわれてます。奄美の島豚がルーツの黒豚は400年以上の歴史があり明治時代、英国バークシャー種と島豚ベースの在来黒豚を掛け合わせ改良を重ねて薩摩の黒豚になったとか。
厳選素材とそれを活かす調理法、簡単には真似できないお味です。


午後は福岡空港より大阪へ。
この福岡では「ゆず胡椒」と「博多の醤油」をお土産に買いました。


大阪では初めて対面する同職の方とMTG。報告事項はかなり沢山あり、今までメールのやりとりだけでは伝えきれなかったことも話し合えて、まずは安心。

その後やっぱり大阪に来たのだから、と最近話題のお好み焼きのお店「京ちゃばな」へ。
ここはトマトやアボカドがのっている創作お好み焼きのお店です。ベジフルっぽくていい感じ。

まずは「トマト焼き-すじ入り」
a0035983_223635.jpg「すじ」って関西文化なのですよね。Sさんは関西育ちなので、「すじ」がおでんに入っていたりするのが当たり前だと思っていたのですが、私にとっては珍しいので具材に選んでみました。
トマトは炒めてのソースに混ぜて、最後に上からかけてくれます。
ちょっとやわらかくなったトマトの甘みとほのかな酸味が加わり、お好み焼きがさっぱりいただけます。
しかもこのお好み焼き、つなぎ生地は少なく、キャベツがメインのもの。一枚食べてもまだまだイケそうです。
ちなみにお好み焼きに使うキャベツは「マツナミ」というものが一番美味しいそうなのですが、そこまで品種が書かれた物は出回っていないらしく、私達には分からないんだとか。ちょっと残念。

お次は「アボカドの黒焼きそば」
a0035983_225490.jpgなにが「黒」って、つまり「日本そば」を使った焼きそばなのです。
かなり意外な感じですが、ちょっとわさびの入ったアボカドソース、アボカドの溶け具合がちょうどよく、しかもアッサリと食べられるのでこれもペロリ。

そして「トマト焼きそば-イカ&ベーコン」
a0035983_2394.jpgこちらはパスタを使った焼きそば。またまたとろけているトマトの食感と、ソースのからまったリングイネが絶妙な感じです。
かなり創作ものを選んでみましたが、こういう新鮮な組み合わせも楽しくいいですね♪
女性好みのお店です。

食べ物話が尽きなかった私達・・・。出張タスクもほぼ終わり、今週に入って、ようやくホっと落ち着く時間が持てたような気がしました。
[PR]
by ytommy20 | 2006-02-17 23:01 | Food Businessへの道

さらに博多へ

朝から某ビール会社とのお仕事で準備に追われ・・・
でも初めての試みってやっぱり思うようにはいかないもの。
気ばかりが焦って、さらに空回りしたりします。
「どうしよう~」と思うと、なんだかどんどん絶望的な気持ちになってしまうし。

そんな中でしたが、地元広島のソムリエの方にお手伝いしてもらうことができ、お話をするとどこかに共通意識があるのか、少し安らぎを感じたのでした。
これぞベジフルコミュニティの意識なんでしょうか。なんだか嬉しいことです♪

どうにか一日を終え、今度は明日の打ち合わせのために、博多へ移動。
博多ではクライアントの方の取り計らいで、打ち合わせに備えて(?)顔あわせ?というか、市場調査?というか、に同席させていただきました。
博多は初めて訪れた街。博多=ラーメンor明太子・・・位しか知識がなかったのですが、思わぬほど沢山の美味しいものに驚きの連続!でした。

まずは一軒目「かわ屋」へ
こちらはいわゆる「焼き鳥」屋さん。
まずはお通し。お皿いっぱいのキャベツ!
どうやらこれは博多の焼き鳥屋さんでは定番のものだそうです。キャベツにお酢のタレをかけていただきます!

そしてこちらの目玉は「とり皮」
a0035983_2313403.jpg「かわ」って言うと、グネグネしていて噛み切れないようなイメージでしたが、これは違うのです!
今回ご紹介頂いた博多の方によると、皮を串に刺してから毎日少しずつ焼いて1週間位したら、このように商品として完成!・・・というとても手の込んだもののようです。
そのため余計な脂が落ちて、しっかりとした食感があり、タレの効いた美味しいものに仕上がっています!
こんなの初めてです~。

さらに「ささみ」
a0035983_2313595.jpgかなり大きいささみはミディアム・レアといったところ。わさび醤油をつけていただくと、あまりのやわらかさに「え?ささみ?」と驚きが。新鮮だから味わえるお味のようです。

そして「山芋」
a0035983_23141112.jpg厚切り山芋にややスパイシーな味付けで、表面をカリっと焼き上げています。生のとろとろ感もいいけれど、これだけ食感が変わるのはとても面白い!そして美味しい!


そんな感動をしているうちに、次は二軒目「煮こみ」へ
お店とは思えない、普通の家の一階にひっそりとあるお店は入ると明るく、けっこう広いのです。
そしてまずは「チーズの刺身?」
a0035983_23142586.jpgクリームチーズにかつおぶしの粉と醤油をかけたもの。
チーズにかつおぶし?と不思議な組み合わせですが、これがかなり合うのです。実はこのかつおぶしの粉、博多では「魚粉」と呼ばれるそうなのです。「魚粉」は肥料に使われるもののイメージが強いようですが、食べ物としては博多では・・・というか西の文化なのでしょうか。例えば広島焼きの生地の上にふりかけるあの粉も「魚粉」と呼ばれています。

そして「特上ホルモン焼き」
a0035983_23144246.jpg今まで思っていたのと全く違う、この「ホルモン」。
塩をつけていただくと、口の中でとろけるような食感です。
さらにここは博多、卓上の「ゆず胡椒」をつけるとさらに美味しい♪
「ホルモン」って今まで苦手な部類だったのですが、全く印象が変わってしまいました!

さらに「モツ煮込み」
a0035983_2315113.jpgお豆腐と煮込んだモツ。お味噌は白を使っていて甘味とコクのある感じです。
「モツ煮込み」って色も味も濃い味噌の煮込みというイメージでしたが、これはそれよりもずっと上品な感じに仕上がっています。う~ん、驚きの連続です。
そして美味しさにビールも進みます!


そして驚くことに、三軒目「長浜屋台やまちゃん」へ
こちらは別に本当の屋台ではないのですが、分類としては「ラーメン居酒屋」とのこと。
なにそれ?って感じですが、飲んで〆にラーメンも食べられるという、全くよくできたお店です。

ここでは「居酒屋」ですから「レバ刺し」「ニラたま」「お刺身」
これらも新鮮で品がいいから食感に驚き!臭みの少なさに驚き!a0035983_23153376.jpg
a0035983_23154671.jpg


そして〆の「ラーメン」
a0035983_23162451.jpgもちろんトンコツです。でもコッテリすぎず、コクがあって、沢山食べた後にも美味しくいただけます。
目からウロコっていうのはこのことですね~。

・・・と三軒まわること自体が驚きだったのですが、めでたく博多の美味しいものをめぐることができました。
外食をするといつも新しいレシピのヒントになるものを探す・・・のが私のクセなのですが、ここではもう素材重視!のひとことに尽きました。

さらに今回の仕事の目的として、外食の調査をする、ということがありましたが、これは「レシピ開発」とは違った視点から見なくてはならないのだと感じました。また違った「食」の仕事分野への参入。
難しそうだけれど、この分野に拡大していく仕事に関われることは、とてもやりがいがありそうです。しかもこれによって今まで遠く思っていた私の夢にも少し近づけるかもしれません。
なんとしても挑戦していきたい!と強く思ったのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2006-02-16 23:08 | Food Businessへの道

いざ広島へ

仕事の関係で夜から広島へ出張。
今週はずっと準備でバタバタ、昼間もイベントのアテンドでバタバタ・・・
どうにかなるさ、とも思いこませようとしながらも、やっぱり一人背負って出かけるのはプレッシャーがかかります。

広島に着き、今夜はこれら野菜の準備と明日の段取りシュミレーションでなんだか眠れなさそう・・・

・・・と思っていたけど、けっこうしっかり寝てました(^-^)V

「野菜ソムリエ」としての仕事がんばらなくちゃ!です。
[PR]
by ytommy20 | 2006-02-15 23:06 | Food Businessへの道