カテゴリ:@Kitchen ( 43 )

手作り味噌~2ヶ月経過~

1月に仕込んだお味噌、ようやく2ヶ月が経過し、切り返しをすることになりました!
久々にフタを開けるのでドキドキ・・・

a0035983_619712.jpg心配していたカビもほとんどなく、表面には「たまり」が出てきていました。
順調、順調♪

こちら、天地して(上下をよく混ぜて)、重しは前よりも減らして、また2ヶ月毎に経過を見ていきます。
早く手作り味噌のお味噌汁が飲みたいです~。
[PR]
by ytommy20 | 2006-03-19 22:18 | @Kitchen

初サリー!

今日はインド料理レッスンの日♪
教室へ行くと、目の前に並べてあるのは色とりどりのサリーの生地!
そう、今日は「サリー着付け」の日だったのです!

まずは好きな生地を選びます。先生曰く「普段着ない色を着ると、新たな発見がある」とのこと。
そしてその生地に合う、チョリ(ぴったりしたブラウス)とペチコートを貸していただき、Let’s 試着!

a0035983_1413032.jpgこのチョリ、かなりピチピチサイズがいいとのことですが、丈も短く、かなり落ち着かない!
そこへ先生がサリーを着せてくれるのですが、このサリーの布は約5.5mもあるのだそう!
ペチコート(今回はスカートのようでしたが)のウエストに生地を挟み込みながら、長さを調節したり、折りたたんだりしていきます。長い生地はこの折りたたむプリーツの量で調節するそうです。
いちおう巻き方の決まり(いわゆる着付け法)はあるようなのですが、見ているだけではよく分かりませんでした・・・。
が、「サリーの着付け方法」を見つけました!
なるほど、そうなっていたのか~、と納得!

仕上げは肩から生地を後ろへ垂らし、アクセサリーとビンディー(額につけるもの)をつけてもらって、完成!
気分はかなりマハラジャ?
民族衣装フェチの私にとって、サリーが着られるなんて大感激!
本当はシンガポールで買おうと思っていたくらいですから~。また欲しくなってしまいました・・・

そしてこの衣装を着ながら、先生が用意しておいて下さった料理を食べ、講義を聞きました。
今日のお料理はこちら
a0035983_1415066.jpg-じゃがいもとグリーンピースのサブジ
 チキンサラダのサンドイッチ
-チャナ豆のごはん
-カシューナッツ・フライ

どれも割合同じスパイスが含まれているのですが、食材と組み合わせによって、また風味がかなり変わってきます!
まだ初級コースなので、どれも簡単そう!おうちでも作るのが楽しみです!
[PR]
by ytommy20 | 2006-03-16 23:38 | @Kitchen

薬膳料理の魅力

今日は月に一度の薬膳料理教室。
今月のテーマは「春の薬膳」。
春は五行説によると五臓は「肝」、自然界で「陽気」が高まり、身体内の陰陽バランスが崩れ「陽」に傾く時期ですが、そのぶん「肝」に負担がかかる時期でもあるようです。
肝を補う食べ物や、酸味のあるものを摂るのがいいとか。
肝に支障を来たすと自律神経に影響がでて、イライラしたり憂鬱になったりするとか。

こういう中医学の基づく考えは、全体を通して学ぶと、すべての理屈がつながってきて、科学的なところで解決できない部分にも納得できるから不思議です。

そしてお料理の実習。
a0035983_22105872.jpg酸味のあるものを摂った方がいいというのと、ひな祭りということで、「ちらし寿司」を作りました。
ちらし寿司には、旬の「菜の花」を乗せて。ゆで方や下味つけなど、基本的なところが美味しく仕上げるコツです。

そして、「イカと野菜の胡麻和え」
イカに沢山のお野菜、金針菜、きくらげ、クコを一緒に合わせます。
イカは中医学では「養血滋陰」の効能があるとか。
これは、血を養い(作り)、栄養のある水分を補う・・・という感じでしょうか。
私が週はじめからイカをなんとなく食べたがっていたのも、疲れ気味でこの効能を欲していたのかもしれません。
納得です!

学ぶたびに、やっぱり中国四千年の歴史ってスゴイ!と思わされます。
そして、インドにしても薬膳にしても、ますます東洋の考え方に惹かれていくのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2006-03-04 22:09 | @Kitchen

インド料理にハマりそう

今月から前々から興味のあったインド料理を習いに行くことにしました。
インド人の先生から学ぶ本格派!

まずは初級のクラスからなので、簡単にできるメニューのようです。
a0035983_2294488.jpg
-ムリ カス(大根のサラダ)
-マチリ キ ティキヤ(フィッシュボール)
-ムンファリ ケ チャワル(ピーナツご飯)

大根は粗めのチーズおろしでおろしたのですが、この食感が絶妙!
包丁で切ったのでは味わえない、やわらかな食感です。

最近つくづく思うのが、料理をする上で「食感」ってとっても重要なファクターであるということ。
昔から加工食品の「テクスチャー」に関わる仕事をしてきたけれど、料理ではそのおいしい「食感」って加熱の場合は一瞬を過ぎてしまうと逃してしまうし、こういう切り方というのも最適な方法ってかなり限られてきてしまう。
さらに味付けでも時にはその食感を壊してしまうこともある。

切って、加熱して、味付け・・・そのひとつひとつにこだわりを持てば、最高に美味しいものができるのですね。
ここまでくればまさにアートの世界だと思います。

もっと経験を積んで、料理における「テクスチャー」についても学んで行きたいです~。
[PR]
by ytommy20 | 2006-03-02 22:08 | @Kitchen

祝☆薬膳アドバイザー合格

今日は皿×皿の先生のお宅で、昨年の「薬膳アドバイザー初級」の合格祝い鍋パーティをしていただきました!

a0035983_043518.jpg先生が用意して下さったのはたっぷりの海鮮チゲ鍋と韓国風サラダ3種。
まずはワインで乾杯です!

いつも教室でお会いしていても、バタバタと忙しくなかなかゆっくりお話できないけれど、こうしてみんなで鍋を囲んでお酒も飲んで・・・あっという間に最初のちょっぴり緊張モードはどこへやら・・・
薬膳を習いはじめたキッカケや夢などから始まり・・・話も大いにそれて、とっても楽しい「レディース飲み会」に、いえ「お食事会」になったのでした!

こうして我らが師匠、山内先生を囲んで会を設けられるのはめったにない機会ですが、また今後の教室も、そして中級へ向けての勉強もがんばりたい・・・と思うのでした。いい先生と素敵な仲間がいると、いい刺激になってすごくやる気になれるものです!
本当にありがとうございました。
[PR]
by ytommy20 | 2006-01-29 23:41 | @Kitchen

インド気分を満喫!

インド料理をもっと学びたくて、いろいろ探していたところ、ひとつ見つけて行ってきました♪
教室に入るなり、そこはとても素敵なヨーロピアン調~
あれ?と思ったら、どうやら先生の本職はフランス菓子の教室らしいのです。
インド料理も長いこと勉強されて、かなりのインド好きなのだとか!

そんなわけで実習開始!
まずはインドのチーズ「パニール」作りから。
たっぷりの牛乳を使って・・・かなり本格的!

そしてそしてどっさり切って、じっくり炒めて、ゆっくり煮込んで・・・
試食は先生が作られたカレーと共に盛り付けです!
a0035983_1193060.jpg
本日のメニュー
-パニールと豆のクリームカリー
-ターメリックライス
-ピーマンのスパイシー肉詰め
-ガジャハルワ(ニンジンケーキ)

カレーは濃厚ながらも油っぽすぎず、美味しい♪
そして先生からは南インド料理のおいしいお店情報などを聞いたり、一緒に受講した方々とも楽しい時間♪
私達が作ったカレーはフードコンティナーに詰めてお持ち帰り!これは嬉しいですね!
しかもこのカレーは冷蔵庫で3週間も保存可能だそうです。煮つめた甲斐がありましたね~。
大切に食べよう・・・!
ほんと来月もまた通おうかな。


帰り道・・・お皿を見に行ったはずのデパートで、ついつい創作意欲が湧いていたのか、ついに買ってしまいました!
「FISSLER」のお鍋!
いい道具をそろえると、ますます料理も楽しくなります♪
[PR]
by ytommy20 | 2006-01-29 01:19 | @Kitchen

男の料理に・・・学ぶ?

卒業してからも毎年2回づつ続いているサークルの集まり、この冬は忘年会ならぬ新年会で相模湖合宿に行ってきました。
この合宿のメインイベントはズバリ「食」!・・・合宿といえどスポーツはしないんです.....
しかも男性陣が料理人になる!というのがこの冬合宿のテーマなのです♪楽しみ・楽しみ♪今回はどんな料理がでてくるのやら!

まずは・・・無難に「鍋」。
a0035983_1281193.jpg味付けはA船長こだわり、石川県からお取り寄せの「鶏味噌鍋」。
具材もたっぷり♪大根をじ~っくり煮込むとこれがまた美味しい!そしてGこだわり、福岡からお持ち帰りの「ゆずみそ」をつけたら・・・香りと辛味が相まって、最高の美味しさ!Beerが進みます♪

さらに「キムチ鍋」を同時進行させながら、ここでメインディッシュ!
噂の「うまうまチキン」です。
a0035983_128347.jpg
みんなの前に初お目見えしてから早2年、幻の味が蘇りました!(って前回私は食べてないのですが)
見た目はかなりのボリューム感とザックリした雰囲気!これぞ男の料理ですねぇ。

一口食べてみると「うまっっ!」 これはホント「うまうま♪」です。
チーズとほうれん草と鶏もも肉で巻いて、トマト風味でじっくり煮込む・・・。かくし味がきいているのか、ただの煮込みでない味わい深さ・・・。う~ん、マンマミーヤ♪
これでパスタが食べたいです・・・。

そんなメインを平らげ、鍋も収束に向かったころ、みんなが集中したのは
「たこ焼き作り」
a0035983_129377.jpg食べることよりもむしろ「焼くこと」に集中していまして、ここで活躍したのがKとTK!今までどこか祭りで焼いていたのでは?とExperienceを漂わせる手つきに、みんな釘づけ!・・・そしてこのチャンスを逃すことなく、私も習いました(^ー^)
ふわふわアツアツとろ~り、じゅわ♪っとする出来立てたこ焼き♪B級グルメの王様ですねぇ。

その後またもやGのこだわり、タイからお持ち帰りの「ドリアンペースト」を入れたロシアンルーレットでノックアウトされる人、数人・・・。みんなが出会った10年前を思い出しながらゲームに夢中になり・・・夜がふけていったのでした。

かなりUnhealthyな夜でしたが・・・たまにはこんな訳もなく(?)、ただひたすら、昔に返って騒ぎ遊ぶのも楽しい!ものです!

そして今回は「男の料理」に感動させられました♪これぞ、という一品がある人って素敵ですね!
[PR]
by ytommy20 | 2006-01-15 23:04 | @Kitchen

手作り味噌教室へ!

今日は大豆から仕込む手作り味噌を作りに「皿×皿」の先生のお宅へ。。。
なぜ突然味噌作り?・・・かと言いますと、昨年先生の手作り味噌を買ったところ、それがとても美味しかったのです♪
実家の母にも大好評で、今年は自分で作るぞ!なんて張り切ってやって来ました。

とはいえ、どのくらいの量を作ったらいいのか・・・。だって我が家は各国料理を食す家なもので(私のせいです・・・)、味噌汁って毎日飲まないので・・・ちょっと弱気に「3kg」の仕込みにしました。

ではここで簡単に「手作り味噌」講習~
a0035983_111335.jpg
Ⅰ.大豆は一晩水に浸し、3~4倍の水で柔らかくなるまで煮る。(先生が用意して下さいました)
Ⅱ.塩と麹をまんべんなく混ぜる。(粒々がなくなるまでよ~~く混ぜました!)


Ⅲ.大豆は熱いうちに、マッシャーでよく潰す。(手が痛くなってもせっせと潰し・・・大豆はちっとも減らない・・・いつまで続くの・・・)
Ⅳ.潰した大豆と麹をむらなく混ぜる。(かなり必死に混ぜます・・・)
Ⅴ.種水を加え、硬さを調節。(ひたすら混ぜます・・・)
Ⅵ.容器に空気が入らないよう、しっかり詰める。(丸めてバシバシ投げながら詰めるとストレス解消~)

・ ・・ここまで終えたらもうクタクタ!たった(?)3kgでもうヒーヒー言っていました。
味噌作りは体力勝負ですねぇ。

あとは家に持ち帰り、2ヶ月ごとに切り返し(天地する)を行えば、秋になるころ美味し~いお味噌が出来上がるはず!・・・う~ん、気長にいかないとダメですねぇ。
でもそうやって大事に育てていくと、ますます自分のお味噌が美味しく感じるみたいで、それを「手前みそ」と呼ぶようになったみたいです。う~ん、分かるかも、その気持ち。

次回切り返しは3月中旬、忘れないように手帳に書いておかないと!
[PR]
by ytommy20 | 2006-01-14 19:59 | @Kitchen

What’s 雑穀 ? 

今日・明日と2日間は待ちに待った?雑穀協会主催の「雑穀エキスパート」の講義&認定試験。
「雑穀」・・・とは何ぞや?といいますと、白米や小麦など主とする穀類以外のもの。
いわゆるあわ・ひえ・ダッタンソバ・アマランサス・・・あの五穀米とかに入っている粒々です。

私もかなり五穀米やら黒米やら麦ごはんなどが好きで・・・それならばもっと詳しく知れば、もっと料理に使うのが楽しくなって、好きになるかも!なんて単純な動機で受講を決めてしまったのでした。

当日は大会場に総勢100名以上が集まる盛況ぶり・・・。講義の内容は・・・コレがけっこう難しいのです!
a0035983_2342532.jpg科目は「総論」「加工と利用」「栄養学・機能性」「特徴と栽培方法」「文化」「健康・美容」そして「調理」。
こんな膨大な講義内容を約1日半で詰め込み!!ナルホド!という科目も多く、面白いは面白いのですが・・・とにかく次から次へと進んでいくので、もうヒーヒー言っていまいます・・・

調理室へ移動する途中に、どこかで見たことのある顔が!・・・と思ったら、以前薬膳料理教室の「薬膳アドバイザー講義」を一緒に受講した仲間に会ったのです!う~ん、類が友をよぶ・・・ちょっと違う?でもそんなとこです。それからはなんだかすっかり楽しくなって♪やはり持つべきものは友達!
a0035983_2343209.jpg
2日目、雑穀をふんだんに使ったお弁当を昼食に配られ、午後からはついに恐怖の認定試験・・・。
まだまだ頭に入っていないのに~~~とあきらめ半分の受験でした。


そうしていつのまにか日々が過ぎ・・・ある日送られてきたのは!

雑穀バッチ
a0035983_23434164.jpg
ちょっとイマイチなんですが・・・いちおう合格みたいです(^^ゞ
ヤッタ~!・・・というより、あらら!受かったの?みたいな感じですが、まぁ一安心。

これで私は「野菜と雑穀のソムリエ」になりました!
・・・だから何というわけではないのですが・・・
これからもっと毎日のお料理に役立て、楽しく美味しいTommy’s Dining にしていきたいな!
[PR]
by ytommy20 | 2005-12-10 23:40 | @Kitchen

ストレスに勝つ!

今日の薬膳料理教室のテーマは「ストレスのための薬膳」
現代人はストレスのない人などいない、と言われていますね。。。。何かしらが原因で人それぞれあるもんです。薬膳の中医学的に見ると、ストレスは「肝」「心」「脾」と深い関係にあり、これらが自律神経に影響を与えるそう。
私はストレスを感じたときは・・・旅行!スポーツ!そして食べる&飲む!・・・と解消するようにしていますが、普段からストレスをためにくくするために、体に効く食べ物を食べておくといいですね~♪
ということで今日のメニューは・・・
a0035983_2122573.jpg-冷製トマトスパゲティ
-鰯の陳皮風味オレンジソースがけ
-薬膳ケーキ
-リラックス茶

薬膳なのに洋風?と最初思ったけれど、大切なのは食物の持つ効用をうまく組み合わせてお料理にすることですから!ガチガチの中華風薬膳でなくて、こんなバリエーションもできるんですね!
スパゲティはこの夏の私のお気に入りでもある冷製パスタ、トマトは昔から「トマトを食べると医者が青くなる」とも言われるくらい体にいいもの。しかも体を冷やす食物ですから、夏にはぴったり!
鰯は三枚におろした身に陳皮を混ぜ込んだパン粉をつけてソテーするだけ。ここのポイントは上にかけるオレンジソース。フレッシュな果汁を絞って、煮つめて・・・これが鰯に相性バッチリ!
a0035983_21231944.jpgそしてデザートのケーキは薬膳で使われるドライフルーツ(クコ、龍眼肉、ナツメヤシ・・・)を中心にレーズンやプルーンなどをラム酒に漬け込んで・・・これを混ぜて焼き上げたもの。龍眼肉(ドライロンガン)ってこんな風に使っても美味しい!と大発見なケーキでした。
一緒にいただいた薬膳茶はジャスミンティーに玫瑰花(まいかいか)というハマナスの花を乾燥させたものを加えたもの。この小さなバラのような花がリラックスできるようです~。ケーキにもぴったり。

ストレスためる前に楽しくお料理して、楽しく食べていきたいな。
[PR]
by ytommy20 | 2005-09-03 21:22 | @Kitchen