カテゴリ:@Kitchen ( 43 )

ウー・ウェンさんのクッキングクラス

待ちに待ったウー・ウェンさんの料理レッスン。
ついに行って来ました!

レッスンはまずウー・ウェンさんのトークショーから。
今まで本や雑誌でしか見たことのなかった先生のお話、想像していたよりずっと話し方が面白くて、なんでもハッキリという方で、いつのまにか話に惹き込まれていました。

「忙しい時でも、何か作って食卓にのせよう」ということや、先生の強い想い、すごく共感できる部分が多くて!
・・・・・でも“夕食は9時までに終わらせて、それ以降は口にしない”のが、体型をスリムに保つ秘訣・・・・・という話には、ため息がでてしまいます。
それは今の私にはとうてい無理っ(泣)

その後はいよいよ料理デモ。
今回は先生の「ウー・ウェンパン」も使ってのお料理です。
手軽にできるのに、ちょっと中華の素敵なエッセンスが入っているところがいいところ。
そして、野菜の素材の旨味をうまく引き出すレシピが魅力的!

a0035983_030094.jpgレッスンのメニュー
-春野菜の春巻き
-むきえび、スナップえんどう、アスパラガスのスパイシー(花椒)油和え
-新茶入りのごま団子
-ダッチオーブンでおいしい角煮



どれも手軽にできるものばかりなので、ふだんの食卓に活躍しそう♪
でもその中にはち工夫して、野菜をさらに美味しく食べられる秘密がいっぱい!

レッスンで先生の新しい本を販売していたので、思わず購入!
ウー・ウェンの台所革命 3つの鍋で作る88のレシピ
ウー・ウェン / / 高橋書店
スコア選択:



直筆サインもしていただきました♪
ウー・ウェン先生の料理哲学、これからもっとハマりそうです。
[PR]
by ytommy20 | 2007-03-25 00:05 | @Kitchen

味噌作り2007へ

昨年作った自家製味噌。
a0035983_1194284.jpg

ついにこんなに少なくなりました。
秋から使いはじめ、その頃はまだ色も白くてあっさり風味だったのに、
さらに寝かせるとこうして色も濃くなり、味わいも深くなりました。

ホントに「生きてる!」って感じる自家製味噌。

明日はまた今年の味噌を仕込みに行きます。
初めてだった昨年の反省を生かして、もっと美味しく育てたいな。
[PR]
by ytommy20 | 2007-02-24 23:41 | @Kitchen

中華シェフに教わる薬膳料理

今日の料理教室はなんと、国際薬膳調理師であり、立川グランデュオ「菜香」の藪崎シェフに教わる「美肌」の薬膳料理。

まずは美肌になるための薬膳の考え方は・・・
1.気血津液
2.血液循環を良くする
3.心(精神状態)を安定させる
ということ。

外側からのケアだけでなく、食や精神的な内面からのケアが大切なのです。

そして、美肌のための食材をふんだんに使ったお料理を学びました。
食材の組み合わせだけでなく、下ごしらえの仕方など、さすが料理人!という技やコツも学べて、大満足です♪

本日のメニュー
-レバーと木耳の炒め物
a0035983_059729.jpg
レバーの下処理の方法は目からウロコ!
手間をかければ生臭さがとれて、やわらかく、美味しくいただけます!






-野菜とハムのクリーム煮
a0035983_0595185.jpg
中華の「クリーム煮」ってとっても優しくて、私も大好きなメニューです。
チンゲン菜を美味しくたっぷりといただけます。さらに美肌のための「白木耳」入り!




-山芋と新生姜の炒め物
a0035983_10786.jpg
新生姜を炒める?って不思議な感覚でしたが、食感がとても良くて、けっこうハマります。





-ふかひれと三物湯のスープ
a0035983_102422.jpg
生薬3つを煮出して作った「三物湯」。(通常は「四物湯」なのですが)
さらに贅沢にふかひれとカニ入り。





どのメニューも驚きと発見の連続!
藪崎シェフの感性と技、そして丁寧なレクチャーに感謝です!
とても楽しいレッスンをありがとうございました。

藪崎シェフは雑誌「ヴィ・ヴェール」2月号にも掲載されているそうです。
特集は「冬の薬膳」
ぜひ見てみたいです!

★藪崎シェフのブログ「薬膳調理師の美味しい毎日」はコチラ
[PR]
by ytommy20 | 2007-02-24 23:32 | @Kitchen

待ちに待った中華鍋!

ず~っと欲しい欲しいと思っていた「ウー・ウェンパン」
ついに買ってしまいました!
a0035983_155153.jpg


こちら、料理研究家ウー・ウェンさんが一緒に考案したという中華鍋。
中に蒸し網もはいっていて、中華鍋としても、蒸し器としても、そして煮物や揚げ物・・・
かなり万能な鍋です!
しかも蒸し器としては水蒸気の量も調節できたり、フタは垂直に立ったり!(レミパンみたいに)

取っ手の太さも程よく、手にするなり、すっかり私のお気に入り。
大好きなウー・ウェンさんのレシピもついてきます♪
キッチン用具を新しくすると、ますますお料理が楽しくなる!
単純ですが、小さな喜びがそのうちもっともっと美味しく楽しい食卓を作れるのだと、信じていマス。
まずは、自分が楽しんでお料理をすること!

明後日の「餃子教室」でも、活躍してもらいますよ~
[PR]
by ytommy20 | 2007-02-11 01:04 | @Kitchen

インド料理レッスン

週末は習い事がたてこんでおります。。。。。
ホントはそんなつもりじゃなかったのですが、このレッスンは先生がしばらく入院されていて、最近ようやく開講になったのでした。ちょっと心配ながらも、お元気そうな姿を見るとホっとします。

今日はベジタリアンメニュー。
a0035983_1324671.jpgインドではベジタリアンの料理がかなり確立されているようなのですが、そのお料理は中華のやや不自然な菜食と違い、ただ「野菜たっぷり・野菜づくし」といったような印象を受けます。
豆類もたっぷり使って、旨味や味わいをだしているからでしょうか?
今日のメニューも美味しくって、ついついみんなおかわり♪
そしてさすがベジタリアン、沢山食べても後でもたれないというか、体が軽くなったような気がします。
たまにはこういう日を設けるのもいいのも~。
[PR]
by ytommy20 | 2006-10-15 01:31 | @Kitchen

和菓子レッスン

今日は和菓子のレッスンへ。
まだまだはじめたばかりの初心者なので、「基本のき」の包あん作業を学びます。
手でこまこまと丸めて包んでいく作業は難しいように見えますが、慣れてくるとスムーズにできるし、何よりもかなり「ハマる!」
楽しく包んだら、あとは蒸し器で蒸して、できあがり!

a0035983_130271.jpgできたてのお饅頭はほのかに温かくて、これまた美味しい♪
お茶と一緒に試食タイムが至福の時なのです。。。。。

これは近いうちに練習で再現しなければ!
[PR]
by ytommy20 | 2006-10-14 22:28 | @Kitchen

「パリのお惣菜」レッスン

たまには自分でも職場の料理教室に参加してみたいと、前々から気になっていた「パリのお惣菜」レッスンを受講。
毎回珍しい西洋野菜を使って、フランスの家庭料理を学べます。

今日の西洋野菜は「ビーツ」
a0035983_161095.jpg

実は濃いワインレッドで、たまにボルシチにはいっている芋のような、あの野菜。
私はかつて卒業旅行で行った南フランスでの朝食にどっさりと並んでいて、おそるおそる食べた記憶があります。
まずはそのお野菜の講義を受けてから、調理実習へ。

仕事後にお料理を習えるなんて、なんだか新鮮~!気分リフレッシュです。

そして今夜のメニューは・・・・・
「鯖のマリネ焼き 野菜のマリネとじゃがいもソテー添え」

a0035983_163376.jpgサバは脂がのって美味しい魚ですが、時々その脂っこさが重たく感じることも。でもこのお料理なら、ジューシーな身もさっぱりと、しかもこんな素敵な洋風スタイルでいただけます。けっこうお手軽に作れますし。
カリっと焼けた皮目を切っていただきます。

「ビーツのサラダ」

a0035983_165333.jpgこれがビーツの色!さらに赤キャベツや紫タマネギで赤紫づくしなサラダ。
先生のオリジナルドレッシングとクリームチーズと合わせていただくと、微妙な味のビーツも美味しくいただけます。
こういう味のハーモニーって素晴らしい!

「干しいちじくのカトルカール」

a0035983_171583.jpg秋になるとパリのマルシェではその年に採れたいちじくを干した「初もの」が出回るそう。
日本では「干しいちじく」で季節を感じることはないですが、お国が変われば食材も変わる!・・・日本の「あんぽ柿」みたいな感覚でしょうか~。
その「干しいちじく」を使って、“4分の4”という意味の「カトルカール」を作りました。
ベーキングパウダーを使わなくてもふんわりと大きく膨らむコツなどを学んで、なるほど!感心。
ケーキは一日置いたほうが味がなじんで美味しくなるということで、デザートには先生が前日に焼いてきて下さったものに生クリームを添えていただきました。
おなかいっぱいのはずなのに、ついつい全部食べてしまいました!

野菜と果物を中心とした、美味しく楽しい生活♪そんなことが学べる料理教室「V&Fクッキングサロン」
忙しい毎日でもそういうことを大切にすることで、心が癒されて豊かになれる気がします。
[PR]
by ytommy20 | 2006-10-03 01:05 | @Kitchen

中国茶を学ぶ

最近特に中国茶に興味があるので、基礎を学ぶことにしました。
実は家で飲むお茶は常に中国茶なのですが、今まであまり深く考えずに飲んでいたのですが、最近美味しい中国茶に出会う機会があったので、学びたくってウズウズしてました。

今日は主に「青茶」について。いわゆる烏龍茶がこれに入るのですが、その中でも発酵度の違いでいろいろなお茶があります。
「清茶」「凍頂烏龍茶」「鉄観音茶」「東方美人茶」の香りと飲み比べ。
どれも一煎目の香りはすばらしく、風味も豊かで美味しい~♪
ちなみに私は「東方美人」が一番スキ。この深い味わいとやさしい甘みがたまりません!

お茶によって使う茶器の素材も使い分けたりする理論とか、とにかく「へぇ~」と言いたくなることが沢山!学べば学ぶほど面白くなってきそうです。

というわけで、帰ってきたらさっそく家でもお茶を。
a0035983_07877.jpg最近ハマっているのは「阿里山金萱茶」
“ミルクや蜂蜜のような甘い香りと、やわらかい中にもまったりとした重厚感のある味わい”とのこと。
今までガラスの急須で入れていましたが、このお茶は蓋碗で飲むといいと聞き、今日はその蓋碗杯(がいわんはい)で。

お茶うけは女性の体に優しいという「棗」のドライフルーツを。
やや飲みにくい形式ではあるのですが、香りを楽しみながら飲むにはいいかも!
中国茶ってお湯さえ足せば、何煎も飲めるところがまたいいのです。

せっせと飲んで、また新しい種類を試してみたいな。
[PR]
by ytommy20 | 2006-08-06 23:02 | @Kitchen

シンガポールからの贈り物

友人ジェスから突然の小包。
“SURPRISE”と書かれた手紙を見て、「何~?何~?」とわくわく♪

開けたら、こんなカワイイエプロンでした!
a0035983_1124954.jpg

「見ると私の丸い顔を思い出すでしょ・・・」って、これにはウケました。
生地も東南アジアっぽいし、かなり気に入りました!

珍しくエプロンして、お料理をしてみました!
(いつも面倒なのでしないのです・・・)
気分はルンルン♪やっぱり形から入るのも大切ですね!
例えばエプロンや、食器、キッチングッズ、テーブルクロス・・・・
お気に入りのものに囲まれていたら、ますます楽しくなりそう!
Jass, Thank u ! (”u”はシンガポール流 youです)
[PR]
by ytommy20 | 2006-07-31 23:08 | @Kitchen

ベジフル松花堂弁当のレッスン

今日は待ちに待ったV&Fクッキングサロンの「夏の松花堂弁当レッスン」

仕事でちょっと遅れましたが・・・調理実習にはなんとか間に合いました!
私の担当はデザート。どんな風に仕上がるか、料理教室ってとってもワクワクします~♪

みんなテキパキと仕上げ、あっという間に出来上がり!
a0035983_1285551.jpg

a0035983_1292369.jpg「夏の松花堂弁当」メニュー
-赤紫蘇ジュース
-うざく
-じゃがいものきんぴら風
-冬瓜の揚げ煮~吉野仕立て~
-キウイ葛

赤紫蘇ジュースは先生が作ってきて下さったもの。とってもサッパリして、色も綺麗だし美味しいのです!しかも紫蘇ってとても体にいいみたいですし!この夏、私も是非つくってみたい!
どのお料理もちょっとした手間をかけて作るから、それですごく美味しく仕上がるのだと感心。
こういう純和食っていいですね~。味はもちろん、お料理自体が芸術という感じがします。。。

そしてデザートの「キウイ葛」は意外な組み合わせだったけれど、これがとってもサッパリしてすごく美味しいのです!フルーツの味も活かされているし、さすが!という感じ。
ちなみに葛粉ってピンキリなのですが、やはり美味しいのは「本葛」だそう。
これもこの夏、絶対チャレンジします♪

「松花堂弁当」箱も欲しいなぁ~・・・なんて本気に考えてしまうのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2006-07-10 01:14 | @Kitchen