ホームベーカリー活用術への道

「ホームベーカリー」を買ってから1年半くらい経つ。最初は添付ブックのレシピでシンプルな食パンとか焼いていたけど、使えば使うほど欲張りになってきて、オリジナルで材料混ぜてみたり、トマトジュースを仕込み水にしてみたり・・・・とかなりいろんなパンを作ってきた。トマト風味のフォカッチャなんかは友達にも好評だったり~。ここ最近は自動コースの"食パン"の形で焼くことはほとんどなくなって、生地こね+一次発酵だけしてくれる"生地コース"ばかりやっている。
目下の問題点は焼きたては中はやわらかくって、表面はカリっとしておいしいんだけど、次の日に固くなる・・・ということ。もちろん一次発酵以降の作業は私の手作業だから、それがまだまだ未熟なんだろうけど、材料配合も改善の余地があるのでは?と思っていた。
そこで、しばらくのテーマは"ホームベーカリー"でのおいしい配合作り・・・ということで、%配合ですべてg(グラム)重量に換算して改良を重ねていくことにした。これはよく仕事でやってる開発・改良作業とほぼ同じ。
今日はその一号でたたき台のつもりなんだけど、けっこううまくいった。(今日のところは)あとは、明日の固さが問題。基本の生地配合を決めたら、そこからいろんなものをプラスして楽しいオリジナルフィリングを楽しんでいけそう!・・・と食いしん坊ってけっこう探究心旺盛だったりする。
「手捏ね」が流行っているけど、時間的になかなか余裕がなくても手作りパンが楽しめるのが「ホームベーカリー」のいいところ。さらに活用して、いろんなパンが楽しめたらもっと嬉しい!
パンの本もいろいろ研究しないとね!これからお弁当は毎日サンドイッチになりそうな勢いです。。。。

焼きたてパンに手作りカボチャジャムを添えて・・・
カボチャは「白皮栗かぼちゃ」を使い、そこへフィリピンマンゴーも加えて、酸味に合う味にもってきてみた。コクを出すために、きび砂糖を使ったので色はやや濃いめ。ほのかな酸味がカボチャをくどくなくして、さっぱり仕上がった。
a0035983_2262840.jpg

[PR]
by ytommy20 | 2004-08-29 02:24 | 手作りパン工房
<< アーティスト         ... フルーツとケーキの魅惑 >>