ベジフル

先週から通い始めた「ベジタブル&フルーツジュニアマイスター講座」。
今回の授業では"始めてヨカッタ~"と早くも思える共感があった。そもそも「ベジタブル・・・」とはなんぞ?というと、世の中が発達するにつれて生産者と消費者の距離は遠くなり、ことに野菜や果物については最近その安全性などにも見直されている。そこでこの「マイスター」なる者がその生産者と消費者の距離を縮めていこう、ってことらしい。私もいつしか野菜大好き人間になっていて、シンガポールでも色んな野菜に出会って、その世界の深さに感動してきたから、このマイスター資格はかなり興味あった。ここではまず野菜に関する様々な知識を得ているんだけど、今回の授業は料理研究家のフルタニマサエ先生によるベジフルクッカリーだった。基本的な調理方法についての講義だったけど、先生は「科学」に基づいた料理の考え方をする方で、よく調理方法の基礎として習うことを"なぜそうするのか?"という理論から教えていらっしゃるようだった。私も大学で「調理科学」の勉強をしたとき、すごく感動があったのを覚えている。その後も「食品のテクスチャー」に関わる仕事で、けっこうこの「科学」っていう世界につかってきた。そんな私にはこの「科学」に基づく料理って、今までのポリシーにもマッチしたし、ホラこの「Food Lab.」ってテーマにもぴったりじゃないの!
「科学」とかいうと堅そうな響きはあるけど、素材の良さを引き出すのも科学に基づいた正しい調理方法だし、食感も保存に関してもこの基本はとっても重要!こういう方面から料理について研究したら、もっとおもしろく&便利に広がりがでてくるな~と思った。
この感動と共感もあって、私もやっぱ「Lab的」路線で行きたいと気持ち再確認。まぁ地道に研究していこうかな、私らしくね。
よりいっそうベジが欲しくなって、旬の茄子を焼いてみました。今日はゴマ油で焼いたので、ポン酢とかつおぶしで。オリーブオイルで焼いたら、バルサミコ酢+醤油とかつおぶしで食べると最高!いろいろ楽しめる♪
a0035983_274444.jpg

[PR]
by ytommy20 | 2004-08-16 02:09 | Vege&Fruit Market
<< フルーツとケーキの魅惑 イマジネーション >>