山菜採り@野尻湖 2日目

山菜採り2日目。
今日は私たち夫婦とお子さんのいるご家族の2組、というこじんまりツアー。
少し足を延ばして、春の訪れが早い上越エリアへ向かいました。

お天気に恵まれたこの日は険しい山道を登って、昨日とはまた違った山菜たちを探しました。

■イカリソウ  <メギ科>
(白い花が船のイカリのよう。主に薬草として使われる)
a0035983_1933629.jpg


■キバナアキギリ  <シソ科>
(葉や茎に白い毛がある。若くても成長したものでも天ぷらなどに)
a0035983_1941739.jpg


■ゴマナ  <キク科>
(ゴマの葉に似ていることから名づけられた。クセが少ないので料理に使いやすい)
a0035983_1945273.jpg


■コシアブラ  <ウコギ科>
(天ぷらが最高!の人気の山菜。樹の枝先にある新芽を採る)
a0035983_195278.jpg


■タラノメ  <ウコギ科>
(大人気の山菜。ウルシに似ているので注意が必要。枝のトゲが目印)
a0035983_195598.jpg


そして通称「ウドの谷」で斜面を滑り落ちそうになりながらも、ウドを収穫!
「とったど~♪」
ここに来るとウドハンター?の血が騒ぎます!
■ウド  <ウコギ科>
(土からだいぶ顔を出したウド。茎のやわらかいトゲトゲが目印)
a0035983_196399.jpg

ここでは群生しているので、まだ若い小さなものはそのまま残して、大きくしっかりと育ったものを選んで収穫。
それでも、腰につけたビクいっぱいに採れました!


本日の収穫した獲物たちはこちら
a0035983_1973351.jpg


ウドはなんと15本くらい?
大漁に大喜び!!!
どうやって食べようかな♪なんて楽しい想像をしながらの仕分け作業。
友人にもおすそわけすることにしました。


山の自然と季節を感じながら、山の幸を食でも楽しめる、こんな貴重な体験ができるなんて、最高の休日!
気分もリフレッシュして、自然の大切さも感じて・・・・
校長先生曰く、山には地形や季節、そして気候で様々な顔があるから、一年を通してずっと見ていると本当に飽きないのだそうです。

山から離れて住んでいる私たちは、その表情をほんの一瞬しか見ていないけれど、こうして毎年訪れることで、同じ時期でもその表情が少しずつ違うことに気づけてきたし、山菜の好む地形を覚えてきたり・・・山の息吹を肌で感じて、より親しみを感じるようになってきました。

山菜については、まだまだ勉強中。
こんな本を昨年見つけて、ちょっとずつ見分けがつくようになったところ。
ポケット図鑑 山菜―野の味を楽しむ山菜231種 (ポケット図鑑)
/ 成美堂出版


もっともっと山菜のことを知りたい方は、山菜&きのこ博士☆サンデープランニング校長先生のブログがおすすめです!

今年も大変お世話になりまして、ありがとうございました~
[PR]
by ytommy20 | 2008-04-27 18:18 | ネイチャー キッチン
<< 蕎麦 あがれ家@長野県須坂市 山菜採り@野尻湖 1日目 >>