野菜が届いた♪

今日は待ちに待った、野菜のお届け日。

ピンポ~ン!

と、ちゃんと時間通りに配達。
そしてそれをちゃんと受け取れる自分がいるっていうのは、嬉しいもの。


Oisixの野菜定期便
a0035983_23415469.jpg


私のお目当ては「フルーツタマネギ」と「インカのめざめ」。
なかなか美味しいものはふつうのお店では手に入らないもので。

今日は届いたばかりの野菜の使って、シンプルなおうちごはん。


本日のメニュー
a0035983_23373470.jpg
-カリフラワーと鶏の柚子胡椒風味
-フルーツタマネギ「アーリーフラッシュ」
  のサラダ
ーとろーりまろやか冷奴
ー釜揚げしらすごはん
ー寒干し大根の味噌汁



Oisixの食材と野菜づくしのとってもシンプルなごはん。
フルーツタマネギはかつお節をかけて、ポン酢で食べるのが、シンプルな美味しさを味わえる!いくらでも食べられてしまいます。
タマネギの葉部分も新鮮なので、しっかり食べられるよう。

こうしてお取り寄せをすると、ひとつひとつの野菜がとても大切で、しっかり味わおう~と、向きあう心構えも少し変わってくるように思います。

ただ、日本各地の野菜がひとつのダンボールに入って届くというのは、ちょっと抵抗を感じてしまう部分もあり・・・
「フードマイレージ」を上げているような気にもなります。

もちろん、スーパーなどで買い物をしても、各地の野菜を買うのだから、結果的には同じことにはなるのですが、それらの野菜は一般流通、つまり人間で言う「公共交通機関」的なものに乗ってきているとも考えられるし。
とすると、各地からのお取り寄せ野菜は「チャーター便」?なんて。。。

そのように考え出すと、やや罪悪感を感じてしまうところですが、逆にこだわりの野菜を作っている生産者の方にとっては、注文が入る野菜を作る、ということは経済的にも精神的にもいいことなのかもしれません。

良い面、考えさせられる面、両方が混在する「お取り寄せ野菜」ですが、当面は生産者の方の思いをありがたく感じつつ、続けることにしたいと思います。

お取り寄せ野菜を待つワクワクする気持ちと同時に、お店で地元野菜と出会った時の感動も忘れず・・・
根底にあるものは、野菜を美味しく大切に味わうこと、そして生産者と流通についても考えること。

野菜ソムリエの上のステップを目指し始めた私の最近の課題です。
[PR]
by ytommy20 | 2008-03-31 23:08 | Vege&Fruit Market
<< Chez AZUMA(シェ・ア... 誕生日は手作り餃子 「北京風鍋貼」で >>