最後の晩餐?!

この日は私にとって大きな節目となった日。
2年と数ヶ月、力を注いできた仕事に区切りをつけました。

とはいえ今までとかわらず1日が始まって、ふつうに過ぎていく、そんないつもと変わらない日。
自分でもそうあってほしいと、極力自然に振舞っていました。

ランチはタクシーをとばして、野菜が美味しい三宿の「HOKU」へ。

「野菜のココット」コースとパスタコースをオーダー。
a0035983_22485311.jpg

a0035983_224987.jpg









ココット鍋を開けた瞬間に立ち上る蒸気がとっても嬉しい、念願のメニュー。
みんなで交換しながら、野菜を味わいます。

デザートはティラミス。
a0035983_22492693.jpg


あっという間の最後の晩餐ならぬ昼食。
野菜が好き~、食べるの好き~という同僚に囲まれて、いつもワイワイと働いていた日々。
今思えば会社というより学生サークル、いえ時には体育会部活の延長のような職場。
2年数ヶ月があっという間に過ぎ去ったような、それでいて中身は倍以上のように感じるような、そんな不思議で深い日々でした。

最後にちょっと後悔したのは、こんなゆったりと楽しいランチの時間をめったに過ごさず、駆け抜けてきたこと。
やっぱりたまにはちょっと現実を離れることも大切ですよね。


最後の日には恒例?になっている色紙をいただきました。
(色紙というより、冊子のようになっていましたが)
笑いがいっぱいありつつも、たくさんの方のメッセージがどれも心の奥に響いて、思い出がよみがえって・・・・思わず涙・・・でした。

メッセージを書いてくださった方々以上に、さらに多くの方に今までお世話になって、そのひとりひとりに色々なことを学んだように思います。すべての出会いが無駄ではない!と強く言いきれるほど素敵な方と仕事を一緒にさせていただきました。
そして時には怒ったり、そして涙したり、最後に笑ったり・・・
そんな喜怒哀楽たっぷりの日々を送れたこと、皆様に心から感謝しています。
いつかはこんな日を迎えると思っていただけれど、こうしてその日を迎えて振り返ると、すごくいとおしくなる日々。

いつも進化し続けたい

そう思う気持ちから選んだ節目だから、次のステージでも自分の思いを形にできるよう、前進し続けたい。
今は実は寂しいけれど、心細いけれど、この日を迎えたことが良かったと、後で思えるよう、この時の気持ちを忘れてはいけない、そう思ったのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2008-01-17 22:18 | 食べ歩き倶楽部
<< バレンタインに向けて 北海道へ ~パイレーツ・オブ・... >>