山菜づくしのディナー

今日採ったばかりの山菜たち・・・・・
それらをふんだんに使った夕食の時間です!

テーブルの上には細々としたおかずと鍋が。
a0035983_041754.jpg

そう、採れたての山菜をテーブルで天ぷらにしていただくのです♪

こちらがその天ぷらの材料の約10種類の山菜たち。

a0035983_043178.jpg-ウドの若芽
-コシアブラ
-コゴミ
-ゴマナ
-ヨモギ
-野アザミ
-トリアシ
-アマニュウ
-ニワトコ
-キバナアキギリ

少しずつ違いを味わいながらいただきます。
意外な美味しさだったのは「ヨモギ」
一般的に草餅に使うイメージが強いヨモギですが、天ぷら衣をつけて揚げるとその独特の香りがなんとも心地よく口いっぱいに広がるのです!

「明日は持ち帰り用に沢山とらなくては!」
そんな明日の収穫プランの参考にしたりして。


天ぷらを揚げる合間のお楽しみはこちら。
山菜のおかず6品。

a0035983_044727.jpg-豆腐とふき味噌
-ウドの酢味噌和え
-キノメのお浸し
-カタクリの甘酢和え
-ゴマナの味噌炒め
-コゴミの明太子マヨ和え

ゴマナは私達は見過ごして収穫していなかった山菜ですが、味噌炒めはびっくりするほど美味しいのです!
そしてウドの新鮮な香りはたまりません!

今日収穫したものが料理として出てくるのですから、調理場はさぞかし大変なことでしょう!(洗うだけでもかなり大変なはず)
でもそんな手作り感たっぷりの心づくしのお料理、なかなかお目にかかれるものではありません。
すごく贅沢な夕食に感謝です。

山菜料理だけでなく、こちらの宿でのオススメは「自家製果実酒」
梅酒はもちろん、ブルーベリー酒、コケモモ酒、カリン酒、サクランボ酒・・・・いつも7~8種類の果実酒がいただけます。
ついつい全種類試したくなってしまいます(^^ゞ

お肉やお魚料理、さらに手作りのデザートまでいただいてもう大満足!
ご馳走様でした!

食事後はサンプラの校長先生から山菜や野尻湖の自然について、お話を伺いました。年齢は?ですが、毎日のように野山を歩き、カヌーなどをして、きっと年齢の割りにずいぶんお若く見えるハズです。
アウトドアにかける熱意を語られ、頼もしい!

明日の山菜採りもまたさらに楽しみになりました。
[PR]
by ytommy20 | 2007-04-28 23:30 | ネイチャー キッチン
<< 野尻湖の朝 山菜採りツアー 1日目 >>