タイ料理研修 5日目

今日はまずカービングのレッスン。
一度バンコクで教わったことがあるものの、タイのカービングは奥が深いので・・・・色々な種類があります。
a0035983_23392232.jpg

a0035983_23394784.jpg

a0035983_2340596.jpg

a0035983_23402951.jpg最初は簡単なトマトを使ったバラ、ロータス、そして人参の葉っぱ、ワシ、ちょうちょ・・・と先生に習いながら作っていきます。細かい作業が多く、やっているうちに真剣になってきて・・・気がつくと何かの形に変わっていくのです。かなりハマります。


本日のメニュー
-トム・ジュード(クリアスープ)
-ポピア・トード(スプリングロール)
-ゲェーン・パッ・ペッ・ヤーン(ローストダックのレッドカリー)
-ガイ・パッ・キーン(チキンのジンジャー炒め)
-ガイ・ホッ・バイトゥーイ(チキンのパンダナスリーフ揚げ)
-カオニャオ・マムワング(マンゴースティッキーライス)

a0035983_23412062.jpg

a0035983_23414438.jpg

a0035983_2342513.jpg

a0035983_23423650.jpg

a0035983_23425397.jpg

a0035983_23431538.jpg


今日の料理にはあちらこちらに朝のカービングした食材をちりばめてみました。
こうして形のあるものが入ることで、また料理が違って見えます!

午後の2品はどちらも私の大好きな料理。バイトゥーイ(パンダナスリーフ)は東南アジア料理にはかかせない食材。ただの葉っぱに見えますが、こうしてチキンと共に揚げてその香りを移したり、ココナツミルクとの相性も良いので、デザートに使ったり。ちなみにシンガポールの「カヤジャム」はこの葉っぱの香りと緑の色がついているのです~。
タイはデザートに米を使ったものが多いけれど、この「マンゴースティッキーライス」もまさに「もち米」を使っています。
初めて食べた時は意外な組み合わせに驚いたけれど、食べてみると、この絶妙な組み合わせがクセになります。
マンゴーは今が旬ではないので、甘味が足りない、とタイ人の先生は言うけれど、どうしてどうして充分私には甘くて美味しいです!マンゴー大好きです。


・・・・・と長いと思っていた5日間が終わり、これにて料理研修は終了です。
すっかりなじんできたのに寂しい気持もあり、でもこの5日間のタイ料理一色の生活でかなり感覚を体得できたようにも思い、充実した気分。
本場の食材で学ぶ、ということもありますが、やはり料理や食材のバックグラウンドにある色々な話やウンチクを直接聞けるって貴重な体験です!料理を通じてこうしてタイ人をはじめ、様々な国の人々とコミニュケーションがとれて、これぞ本当に「料理バンザイ!」

こうして修了証をいただき、最後の晩はスパをちょっと楽しみ、明日はバンコクへ戻ります。
チェンマイ、古きよき街並みの残る、素敵な街でした。
[PR]
by ytommy20 | 2006-11-25 23:38 | Asian Dinning
<< タイ料理教室@バンコク 1 タイ料理研修 4日目 >>