手打ちパスタの店 「Zia IKKO」

今日は職場の同じグループの方が退職されるので・・・・皆でお食事会です。
お店は主役の方のセレクト。私達らしい、とっても素敵そうなお店です。

a0035983_244737.jpg「野菜ソムリエ」のIKKOさんという方がご自宅でオープンしているイタリアンのお店
「Zia IKKO」(ティア・イッコ)

本当に普通の住宅街にあるお店おうちなので、予約をしないとオープンしません。
予約制のプライベートレストラン、という感じ。
野菜をふんだんに使ったお料理と、IKKOさんとその旦那さまのホスピタリティがとても素敵だというお店。


お部屋に入ると・・・テーブルの上には本日のメニューが。
a0035983_157259.jpg

達筆な字で書かれたメニュー、とても心がこもっていて素敵です。
これからどんなお料理が出てくるか、とっても楽しみ♪

★パン
a0035983_1572940.jpgパンも自家製のものを2種類。ふわっとしたフォカッチャとカリっと焼き上げたパン。
バターもオリジナルで、これがやみつきになる美味しさ!
最初から期待感でいっぱいです♪




★アンティパスト
a0035983_15875.jpg-牡蠣と牛蒡のズッペ

「ズッペ」はイタリア語で「スープ」という意味。
牛蒡の深い味と香りがそのまま口に広がり、牡蠣のコクもみごとに調和しています!
ひと皿目から感動モノです!




a0035983_158448.jpg-茄子のパルミジャーノ風
と大根のチーズ焼き

ほどよく柔らかく仕上げてある茄子、そしてスープのお味の染みた大根。
これは野菜の食感も含めた美味しさを満喫できます。






-レンズ豆のトマト煮

器はパスタでできていて、一緒に食べられます♪

★ピッツァ
a0035983_1595747.jpg-イッ子シェフオリジナル マッシュルームにアンチョビィー

バリっと香ばしく焼けた手作りピッツァ!








a0035983_202830.jpg-牡蠣とルッコラ

この組み合わせがこんなに美味しいなんて!
ジューシーで後をひきます~







★プリモピアット
a0035983_21652.jpg-秋の木の子と
パンチェッタ 
カラスミ掛け風味

いよいよ待ちに待った手打ちパスタ。タリアテッレのような幅広いパスタと具材の絡み具合がもうたまらない♪
だいぶ満腹感を感じていたのに、一気に完食!
ちなみにメニューには「カラスミ」が漢字で書かれていて、最初読めませんでした~。PCでも難しすぎて出てきません!

★セコンドピアット
a0035983_213985.jpg-地鶏のコンフィーと
秋野菜の蒸し煮
(蕪、蓮、ポテト、カリフラワー) 
栗のリゾット添え

これも「野菜ソムリエ」らしい一品!
秋野菜の美味しさも噛みしめます♪
そして驚きは「栗」
なんてほっくりと柔らかくて美味しいの!
栗のリゾット、言葉に表せられないほどの感動の一品!
満腹感もなんのその。みんなみごとに完食です!

ここでデザートの前に、素敵なサービス。
a0035983_22840.jpg-小豆島産オリーブ

小豆島は有名なオリーブの産地。
でもこの国産モノってかなりの希少価値なのです!
オリーブの素直なお味が味わえて、今まで瓶詰めなどの輸入モノが苦手な方でもきっと好きになれます!


-グラッパとレモンチェッロ
a0035983_224590.jpga0035983_23845.jpg







ぶどうの蒸留酒「グラッパ」。イタリアのバールなどではよく飲まれるそうですが、なんでもアルコール度数が高い・・・ので、ちょっとこわごわ頂くと・・・まずは葡萄のここちよい甘い香りでいい気分に。魅惑たっぷり、危険なお酒です!
「レモンチェッロ」もさわやかな酸味と甘味が美味しいのに、なんとアルコール度40!飲みすぎには注意です。
グラスもかわいくて素敵♪

★ドルチェ
a0035983_233814.jpg-オレンジグレープフルーツ
のジェルとムース

グランマニエが効いたさっぱりとして、優しいデザート。幸せを感じます~。!






a0035983_241293.jpg-栗のスポンジケーキ

最後の最後にビックなサプライズ!
手作りマロンペーストは甘すぎす、とっても優しいお味です。
究極に満腹でしたけれど、みごと完食!!






ここには書ききれないほどの感動いっぱいの素敵なリストランテ。
季節ごとに旬の野菜をたっぷり使って、こだわりの食材とレシピでおもてなしして下さるそう。
また来てみたい!
・・・そしてこんな素敵なお店、私もいつかやってみたいなぁと思うのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2006-10-25 23:51 | Vege&Fruit Market
<< ドキドキ のち HAPPY ! インド料理レッスン >>