りんご狩り&食べ比べ@長野

待ちに待った「りんご狩り」!
今朝は4時半起きで、長野県は小諸にやってきました。
さすがのりんご農園も開園時刻は9時。。。。。まずは朝ごはんのお弁当を食べて待つことに。

開園と同時に乗り込んだのは「松井農園」
この辺りではかなり大きい農園らしく、近辺の道路にも看板が沢山でているのですぐに分かります。
ちなみにりんごは食べ放題で、お一人300円也。かなりお手頃ですね!

丘を登っていくと、色々な品種のりんごの農園に到着!
本日のりんごは・・・・こちらの表で見ることができます。
a0035983_2341097.jpga0035983_2343730.jpg
「昴林」「涼香の季節」「秋映」「紅玉」「レッドゴールド」「アルプス乙女」・・・・以上6品種、中生種が多いようです。






a0035983_23597.jpg

持ち帰り用のりんごを収穫する前に、まずはすべてのりんごを試食しなくては!・・・・と張り切り、ひとつひとつじっくり見て、美味しそうなものを選びました。「美味しそうなりんご」は、もちろん色づきやツヤがいいことなのですが、一番分かりやすいのはりんごのお尻を見る事だそうです。お尻まで赤く色づき、少し割れてきているものが「完熟」の証拠!
スーパーなどでは手に入らない、樹上完熟の蜜入りりんごが食べられるのです♪

今の時期、一番多いのは「秋映」。
a0035983_2354617.jpg
「千秋」と「つがる」の交配によって生まれたりんご。
色が名前の通り、深い赤色に色づくのが特徴です。甘味と酸味がほどよい感じ。

その他注目すべきは・・・・・「昴林(こうりん)」。「ふじ」の自然交雑実生の中から生れたりんご。
「ふじ」ほど実が固くはないのですが、甘味が聞いて果汁もたっぷり♪
そして、一番のお気に入りは・・・・・「涼香の季節」
「ふじ」と「スターキング」の混植園で偶然発見された新品種のりんご。
確かに、あまり聞かない名前ですねぇ~。
私の大好きな「シナノスィート」や「シナノゴールド」の時期はまだまだこれから。でも今回は「涼香の季節」に出会えたから、それも良かったわ!なんて思うのでした。
ちなみに役立つ「松井農園のりんご図鑑」はこちら

こちらの農園はスタッフの方が何名かいらっしゃり、品種や樹の場所、美味しいりんごの見つけ方も丁寧に教えて下さるので、色々な情報も聞けていい所です~。しかも、「皮むきマシン(手動)」もあるので、こっそり渡すとクルクル~と、あっという間に皮剥きやカットまでしてくれるので、さらに嬉しい!のです。

a0035983_2372178.jpgお気に入りはもう1個ずつ食べ、持ち帰りりんごをセレクト。
「りんご狩り」なんて、がんばって食べても1.5個かな・・・・・なんて言っていたのに、実はふたりで7個くらい食べてしまいました!

だって本当に美味しいんですもの!

こちらの農園、果物や野菜の直売所まであるので、ついついお買い物。。。
長野県産の「プルーン」
a0035983_2381664.jpg
長野県は実はプルーンの産地でも有名だそう。試食をさせてもらったら、その甘さに感激!
スーパーで買うプルーンとは全然違うのです~。思わず2パック購入。
そしてかぼちゃ「雪化粧」やら、イチョウ芋やらまで買って、長野の秋の旅は始まったのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2006-10-07 23:32 | Vege&Fruit Market
<< 小布施 食いしん坊散策@長野 「パリのお惣菜」レッスン >>