オペラ 『フィガロの結婚』

a0035983_0163087.jpgついにやってきたこの日、義兄が出演するオペラ『フィガロの結婚』
前日に解説で予習しましたが、内容についていけるかな・・・とちょっと不安もアリ。

ミュージカルは好きで何度か「劇団四季」ものを観に行っていましたが、オペラはまだ2回目。
特に今回はすべてイタリア語ということで、字幕を追うのと舞台を観るのと・・・なかなか大変です。

この「フィガロの結婚」はフランスの劇作家の書いた風刺的な戯曲を、モーツァルトが作曲をしたオペラです。
原作は『セビリアの理髪師』(第1部)、正劇『罪の母』(第3部)とともに三部作といわれています。

ちなみに私達のWedding Partyで義兄が歌ってくれたのは『セビリアの理髪師』のほうのようです。

まだ慣れないオペラですが、こうしてじっくりと鑑賞すると、言葉自体は分からなくてもその曲の雰囲気や臨場感から伝わってくるものがあります。きっと何度も観ると、もっと良さがわかってくるのかな。
まだまだ初心者ですが、これからまた観る機会を楽しみにしていたいと思います。

ちなみに次回出演作は来年公演の二期会『魔笛』とのこと。
こちらはもっと分かりやすくて、ユーモアがある作品なので、とってもオススメです!
[PR]
by ytommy20 | 2006-09-18 00:15 | アートスペース
<< ベジフル中華ごはん szechwan restau... >>