シシリアンルージュでスィーツ

a0035983_120567.jpg先月那須で買ってきた「ルバーブ」
ジャムにしたのはいいけれど、このルバーブは緑色だったので、ジャム自体がくすんだ色に。



「シシリアンルージュ」のトマトと共に、スィーツにしてしまうことにしました。
前から作ってみたかったウィーンのお菓子。

-シシリアンルージュとルバーブのリンツァーシュニッテン
a0035983_113229.jpg
リンツ地方の「小さな切り分け菓子」という意味だそうです。
少し焼色をつけたアーモンドパウダーをたっぷり入れて、本来ならばラズベリージャムをたっぷりと挟み込みます。今日はラム酒でマリネした「シシリアンルージュ」とルバーブジャムを挟み込み、焼き上げました。

焼きたてはサックサク、しばらく置くとしっとり。
焼き菓子は2日くらい置くと、味がなじんで美味しいのですよね。

お菓子を作っていると、時間を忘れて、心が癒されます!
いつか本格的に習ってみたいと思うのですが、当面は自宅で練習と積んでおく事にします。
もっと上手に作れるようになりたいものです!
[PR]
by ytommy20 | 2006-09-15 23:11 | お菓子のアトリエ
<< 海老のラグー 宿儺南瓜(すくなかぼちゃ) >>