「ル・カフェ・ドゥ・ジョエル・ロブション」

最近気になっていたカフェ 「ル・カフェ・ドゥ・ジョエル・ロブション」に行きました。
39歳でミシュランの三ツ星を史上最短記録で獲得したとして称されるフレンチの巨匠、ジョエル・ロブション氏の料理哲学が踏襲されたメニューが手軽に楽しめる、というのがこちら。
このカフェスタイルは世界でもこの東京でしか味わえないそう!

話題の「高級ハンバーガー」も気になりますが、私が食べてみたかったのは夏限定の「カッペリーニ」。

「冷たいフルーツトマトのカッペリーニ 季節野菜とカラスミと共に」
a0035983_1183461.jpg

盛り付けの美しさにまずウットリ。
トマトの赤に緑の野菜が立体的に盛り付けられ、周囲にはカラスミが散りばめてあります。
トマトソースの酸味と甘みのバランスといい、カラスミと合わせた時の塩気といい、とても上品で一口一口をしっかりと味わいながら頂きます。
空間の優雅さも加わって、気分がゆったりしてきます。

食後は「KUSMI-TEA」の「ブケド フルール」という紅茶を。

a0035983_1191298.jpg「花束」という名のお茶。豪華な香りは甘いというよりは、フローラルの香り高い印象です。
セイロン、インド、中国キーマンのブレンドにレモン、ベルガモット、オレンジ、ライム、マンダリンオレンジの香り

普段紅茶とコーヒーだったら、コーヒー等の私ですがこの紅茶はとても美味しくいただきました!
紅茶ってこんなに美味しかったの~!と再確認。


紅茶は買って帰りたかったのですが、現在品切れとのこと。残念!
でもとても素敵な「自分へのご褒美ごはん」になりました♪
[PR]
by ytommy20 | 2006-08-05 01:22 | 食べ歩き倶楽部
<< そうめんカボチャ 「SuPAたこ」 >>