旬を味わう「島にんじん」

昨日鎌倉で買ってきた黄色いニンジン。
これは沖縄の野菜「島ニンジン」

a0035983_173146.jpg鎌倉で沖縄野菜?と思うけれど、最近地野菜の種を他の場所で育てることが多くなっているようです。
それって「地野菜」という定義から外れてしまうのだけれど、やはりその野菜を全国に広めるためには、他の地域でも育てるしかないのです。
ただ他の地域で育てると、その土地の土質や気候などで必ずしも同じ状態の野菜が収穫できるわけではないようです。
地野菜を地域限定のものとして守るべきか、広めるべきか、難しい問題のようにも思われますが、今の世の中流通・販売には「産地名」を記載しなくてはなりませんから、本来の産地の野菜は価値が上がります。
そんな最近のお野菜事情・・・でした。

話は戻って、この「島ニンジン」
方言で「黄色い大根」を意味する[チデークニ]と呼ばれ、細長く薄い黄色をしています。見た目の形や色も普通のニンジンと違いますが、栄養価は島ニンジンにはカロテンが豊富に含まれているそうです。
そして風味は、いわゆる「ニンジン臭さ」というものがありません!あま~い感じで、ニンジンが苦手な方でもきっとおいしく食べられそうな味なのです。
収穫は暑い時期以外、沖縄だと10~3月の間、関東だとまだ今の時期も収穫できるのでしょう。

同じ「ニンジン」でも違いがあるのって面白い!
沖縄野菜って以前に旅行した時、その種類の多さに驚き、面白いので調べていたらこんなサイトを見つけました。
「おきなわ伝統的農産物データベース」
これはかなり役立ちそうです!

「島ニンジン」料理、沖縄ではレバーや腎臓・赤肉と煮込む・・・とありますが、せっかくのこの甘み、生食で味わいたいです!
ということでTommyはこんな簡単メニューでいただきました。

「島ニンジンと揚げゴボウのしゃっきりサラダ」
a0035983_184098.jpg千切りした島ニンジンに、下味をつけて竜田揚げ風にしたゴボウを乗せたもの。ゴマドレッシングでいただくと、香ばしさが引き立って美味しいです♪
ゴボウはピーラーで薄く切って揚げると、カリっとしていい感じ。

ニンジンの美味しさで、ペロっといただきました~。
[PR]
by ytommy20 | 2006-04-02 23:06 | Vege&Fruit Market
<< スィーツのレッスン準備 鎌倉野菜を求めて >>