さらに博多へ

朝から某ビール会社とのお仕事で準備に追われ・・・
でも初めての試みってやっぱり思うようにはいかないもの。
気ばかりが焦って、さらに空回りしたりします。
「どうしよう~」と思うと、なんだかどんどん絶望的な気持ちになってしまうし。

そんな中でしたが、地元広島のソムリエの方にお手伝いしてもらうことができ、お話をするとどこかに共通意識があるのか、少し安らぎを感じたのでした。
これぞベジフルコミュニティの意識なんでしょうか。なんだか嬉しいことです♪

どうにか一日を終え、今度は明日の打ち合わせのために、博多へ移動。
博多ではクライアントの方の取り計らいで、打ち合わせに備えて(?)顔あわせ?というか、市場調査?というか、に同席させていただきました。
博多は初めて訪れた街。博多=ラーメンor明太子・・・位しか知識がなかったのですが、思わぬほど沢山の美味しいものに驚きの連続!でした。

まずは一軒目「かわ屋」へ
こちらはいわゆる「焼き鳥」屋さん。
まずはお通し。お皿いっぱいのキャベツ!
どうやらこれは博多の焼き鳥屋さんでは定番のものだそうです。キャベツにお酢のタレをかけていただきます!

そしてこちらの目玉は「とり皮」
a0035983_2313403.jpg「かわ」って言うと、グネグネしていて噛み切れないようなイメージでしたが、これは違うのです!
今回ご紹介頂いた博多の方によると、皮を串に刺してから毎日少しずつ焼いて1週間位したら、このように商品として完成!・・・というとても手の込んだもののようです。
そのため余計な脂が落ちて、しっかりとした食感があり、タレの効いた美味しいものに仕上がっています!
こんなの初めてです~。

さらに「ささみ」
a0035983_2313595.jpgかなり大きいささみはミディアム・レアといったところ。わさび醤油をつけていただくと、あまりのやわらかさに「え?ささみ?」と驚きが。新鮮だから味わえるお味のようです。

そして「山芋」
a0035983_23141112.jpg厚切り山芋にややスパイシーな味付けで、表面をカリっと焼き上げています。生のとろとろ感もいいけれど、これだけ食感が変わるのはとても面白い!そして美味しい!


そんな感動をしているうちに、次は二軒目「煮こみ」へ
お店とは思えない、普通の家の一階にひっそりとあるお店は入ると明るく、けっこう広いのです。
そしてまずは「チーズの刺身?」
a0035983_23142586.jpgクリームチーズにかつおぶしの粉と醤油をかけたもの。
チーズにかつおぶし?と不思議な組み合わせですが、これがかなり合うのです。実はこのかつおぶしの粉、博多では「魚粉」と呼ばれるそうなのです。「魚粉」は肥料に使われるもののイメージが強いようですが、食べ物としては博多では・・・というか西の文化なのでしょうか。例えば広島焼きの生地の上にふりかけるあの粉も「魚粉」と呼ばれています。

そして「特上ホルモン焼き」
a0035983_23144246.jpg今まで思っていたのと全く違う、この「ホルモン」。
塩をつけていただくと、口の中でとろけるような食感です。
さらにここは博多、卓上の「ゆず胡椒」をつけるとさらに美味しい♪
「ホルモン」って今まで苦手な部類だったのですが、全く印象が変わってしまいました!

さらに「モツ煮込み」
a0035983_2315113.jpgお豆腐と煮込んだモツ。お味噌は白を使っていて甘味とコクのある感じです。
「モツ煮込み」って色も味も濃い味噌の煮込みというイメージでしたが、これはそれよりもずっと上品な感じに仕上がっています。う~ん、驚きの連続です。
そして美味しさにビールも進みます!


そして驚くことに、三軒目「長浜屋台やまちゃん」へ
こちらは別に本当の屋台ではないのですが、分類としては「ラーメン居酒屋」とのこと。
なにそれ?って感じですが、飲んで〆にラーメンも食べられるという、全くよくできたお店です。

ここでは「居酒屋」ですから「レバ刺し」「ニラたま」「お刺身」
これらも新鮮で品がいいから食感に驚き!臭みの少なさに驚き!a0035983_23153376.jpg
a0035983_23154671.jpg


そして〆の「ラーメン」
a0035983_23162451.jpgもちろんトンコツです。でもコッテリすぎず、コクがあって、沢山食べた後にも美味しくいただけます。
目からウロコっていうのはこのことですね~。

・・・と三軒まわること自体が驚きだったのですが、めでたく博多の美味しいものをめぐることができました。
外食をするといつも新しいレシピのヒントになるものを探す・・・のが私のクセなのですが、ここではもう素材重視!のひとことに尽きました。

さらに今回の仕事の目的として、外食の調査をする、ということがありましたが、これは「レシピ開発」とは違った視点から見なくてはならないのだと感じました。また違った「食」の仕事分野への参入。
難しそうだけれど、この分野に拡大していく仕事に関われることは、とてもやりがいがありそうです。しかもこれによって今まで遠く思っていた私の夢にも少し近づけるかもしれません。
なんとしても挑戦していきたい!と強く思ったのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2006-02-16 23:08 | Food Businessへの道
<< 博多から大阪へ いざ広島へ >>