柑橘が美味しい季節

a0035983_119622.jpg楽しみにしていた「デコポン」
「デコポン」という名前はよく聞きますが、実は「不知火(シラヌヒ)」というのが品種名で、「デコポン」は熊本県果実連の商標登録なのです。でもなんだか「デコポン」っていう名前のほうがメジャーになっていますね~。なんかかわいい響きがあるからでしょうか。
この品種は「清見」に「ポンカン」を交配して育成された交雑種で、中晩柑(1月から出回る柑橘類の総称で、デコポン、いよかん、はっさく、清見、甘夏、せとか、など)の中でもじょうのう膜が薄くて、ジューシーで心地よい酸味と甘み・・・とにかく美味しいのです♪

ちなみにこの写真、左は静岡三ケ日産「青島みかん」
昭和10年頃、静岡市福田ヶ谷 青島平十氏のみかん畑で発見され、氏の名前よりこの名前がついたそうです。糖度が高く味にコクがあるため、温州みかんの最高傑作とも呼ばれるそう・・・。けっこう大きめなミカンで、じょうのう膜がちょっと厚いので私はちょっと苦手。

右は鹿児島産「文旦」
「文旦」はなんと40種類以上も品種があり、中でも有名なのは「土佐文旦」。グレープフルーツよりも大きいサイズにまず驚きます!晩成柑橘なので、冬の終わりに出回るものですが、最近よく見かけて気になっていたのです~。
大きいけれど、切ってみるとさらに驚き!果肉部分は意外と少ないものです。
でも適度な甘みと爽やかな味が好きで、シンガポールでよく食べた「ポメロ」にも近いので、懐かしさもあります。

そこで、今晩はポメロのように使ってサラダにしてみました!
「サラダほうれん草とポメロのエスニックサラダ ピリ辛エビドレッシング添え」
a0035983_1192892.jpg

干しエビを使ったドレッシングはタイのポメローサラダを彷彿とさせる味。
・・・それにしてもコレがビールによく合うんですね。またついつい旦那さんの晩酌に付き合ってしまいました。
なぜいつもお酒のお供みたいなものばかり作ってしまうのでしょう~~。
はぁ。
[PR]
by ytommy20 | 2006-01-30 00:45 | Vege&Fruit Market
<< バレンタインに向けて 祝☆薬膳アドバイザー合格 >>