やさいワンダーワールド!

今日はトキタ種苗の農場オープンディ。お仕事上の勉強のため、出かけてきました!
こんなイベントは初めてです!いろいろ勉強してきました~

野菜の展示や試食、そして苗の展示・・・会場には野菜がいっぱい!
まずはトマトのハウス・・・
左から「砲弾型トマト」「グレープトマト」「サンチェリープレミアム」 a0035983_0312324.jpga0035983_0313876.jpga0035983_0315420.jpg
3つはプチトマト。生食にはめずらしい砲弾型、ぶどうのようになっているグレープ、そして糖度9~10度の甘くて酸味ひかえめのサンチェリー。トマトのなっている姿って見てるとすごくかわいい!幸せな気分になれます。

こちらの「サンルビー30」はミディトマト(中玉)。糖度7~8度とはいえ、果汁(?)がすごくジュワ~とでてきて甘くて美味しい!フルーツみたいな感じです。
a0035983_039482.jpg



a0035983_0324092.jpg次は瓜シリーズ!名前で笑ってしまったのが「ほろにがくんとにがにがくん」
名前だけでもう分かる?そう「ニガウリ」2種です。苦味成分の量が大きく違い、「ほろにがくん」はなんと生食もできるとか!(・・・しかしやはり苦いのでした。食べられるけどっ)

a0035983_033612.jpgこれは「ズッキーマン」・・・名前に凝ってます?ねぇ。「ズッキーニ」です。「ズッキーニ」って植物の状態で初めて見たのですが、こ~んなすごい葉っぱだとは思ってもみませんでした。こうして植物の状態で見られることって普段ありませんから。面白いです!

近くには新種野菜の試食が・・・。
a0035983_033396.jpgこちらは「娃々菜」という日本初のミニ白菜。「娃々」とは中国語で「赤ちゃん」という意味だけあって、全長20センチくらいのかわいい白菜です。この白菜、なんと生で試食させていただきました。生の白菜?と思ったのですが、これは芯までやわらかく甘みがあってポリポリととても美味しくいただけるのです!

そしてお隣には沖縄の「シマキュウリ」と「アカモウイ」
a0035983_034991.jpga0035983_0342439.jpg






「シマキュウリ」は東南アジアでもよく見かける太いタイプに似ています。種部分は取り除いて炒めると美味しいのだそう!そして「アカモウイ」・・・見た目はちょっとヒキます。。。しかも漢字で書くと「赤毛瓜」。味は沖縄で食べたヘチマのような・・・ウリって感じの不思議な味でした。以上なかなか食べるチャンスのない野菜たちでした!

a0035983_0345576.jpg外の農園ではブロッコリーコーナーを見つけました。普段何気なく食べているブロッコリー、実はこんなすごいボリュームに育っていたなんて!知りませんでした。周りの葉部分が占めている面積が広すぎ!店頭に並ぶのは中心部だけなんですね。ちなみにこちらは「緑麟」という品種。

a0035983_0351359.jpgそしてお隣はちょっと変わった「スティッコリー」という細長いブロッコリー。試食コーナーでも出ていました。
とてもかわいい名前ですが、他に「スティックセニョリータ」という品種もすでに出回っているんです。かわいいネーミングだし、スリムなのでお料理に使うとお上品に見えそう!・・・おもしろ野菜です。

a0035983_035406.jpg






a0035983_0361231.jpgさらにこれからが美味しいネギコーナー。まずは「なべちゃん」
これはその名のとおり、太めで鍋向きのネギ。実はかの有名な鍋向き「下仁田ネギ」って弱い品種なんだそうです。だからその下仁田系統と根深一本系統をかけあわせることによって耐寒性のすぐれた品種を作ったのだそう。なるほど、そんな背景があるのですね。
a0035983_0363353.jpgそしてこちらは「赤ひげ」
軟白部分が赤紫になるネギ。独特のやわらかさがあって、赤紫部分には栄養も多いようで・・・。生食で食べてみたいですね・・・。

こうして農園内をめぐること数時間・・・めずらしい野菜の試食にも喜びつつ、やはりこうして収穫前の姿が見られたことに感動したし、毎年新たな品種が誕生してくることにも感動しました。だって新たな楽しみがありますもの!新しい品種があれば、また違った食べ方をしても美味しくいただけますし!今後お店で出会えることを楽しみにしています!
[PR]
by ytommy20 | 2005-11-11 22:29 | Vege&Fruit Market
<< カジュアルなおもてなし お野菜と相性の良い食材たち >>