新進気鋭パティシエの店

学生時代の友人で「宗家一条流がんこラーメン十八代」当主と共にスィーツの食研究に行ってきました。彼はラーメン屋さんですので、もちろん色々なラーメン屋も食べ歩いて研究しているそうですが、その分野だけでは視野が狭くなるかも・・・ということで広い分野を見るようにしているそうです。そういうのって大切ですね~と私も思いつつ、新進気鋭といわれる鎧塚俊彦パティシエのお店「Toshi Yoroizuka」へ行ってきました。
恵比寿駅から歩くこと約10分、小さな路地を入ったところにお店はありました。
a0035983_11572258.jpgショーケースに並ぶ美しいケーキたち!!デコレーションが華美すぎず、でも彩りが美しく、さらに価格も高価すぎず・・・その誠実さを感じるところがとても気に入りました。このケース内のケーキも食べてみたいものは沢山あったのですが、奥のティールームではここだけのオリジナルデザートが食べられるということで、そちらの席が空くのを待つことにしました。
a0035983_11575237.jpgティールームは6席のカウンター式、しかも席に座ると向かいのガラスに鎧塚パティシエのお仕事ぶりをじっくりと鑑賞できるようになっているんです!これにはがんこ当主も私も驚き!素晴らしいパフォーマンスです!
そして私達がオーダーしたのはこちらのデザート。(名称はかなり省略化されています、スミマセン・・・)
a0035983_11581045.jpg-ふんわりチョコレートムースのケーキ口に入れるなり、名前のとおりふわ~ととろけるような食感でチョコレートの重たさを感じさせないケーキ。最後まで心地よくいただけるケーキ。本当に美味しいです。



a0035983_11582317.jpg-マンゴーのデザート
うすくスライスした完熟マンゴーを軽くバーナーで炙っています。中央の溶けたシャーベットとパッションフルーツのソースと絡めていただくと、甘さと酸味のバランスが絶妙!フルーツの美味しさを全面に出したデザート。
a0035983_11584037.jpg-ぶどうのスープ白ぶどうをゼラチンでやわらかく固めたデサート。上にはフランスぶどう100%のシャーベットがのっています。見た目はシンプルですが、口にいれるとゼリーのふるふる感がたまらなく、さらに下に隠れているクリーミーなムースと合わせていただくとさっぱり&まったり感が絶妙です。夏にはぴったりのデザート。本当に美味しいです。

さらにドリンクも沢山のバリエーションがあり、お店のこだわりが。当主はフランスのワインに使われるぶどう100%のジュースを、私はマリアージュ・フレールの紅茶をいただきました。
これらの特製デザートはすべて1,000円ですが、それに見合う価値はある・・・と満足度120%の私達。
ここまで感動できるスィーツってなかなかないですね~。時間の流れをゆったりと味わった素敵な午後でした。がんこ当主、これからもお店頑張ってくださいね!
[PR]
by ytommy20 | 2005-08-19 18:55 | 食べ歩き倶楽部
<< お引越し 準備ちゃくちゃくと・・・ >>