手軽に薬膳料理

これまた先月香港で習った薬膳レシピ。「クコとくるみの豚ヒレ炒め」
a0035983_0295442.jpg

クコの実は目にいいと言われ、毎日5粒食べると視力回復に効果があるとか!そういうTommyの視力はけっこういい方なのであまり心配はないのですが、クコはデザートにもお料理にも手軽に使える薬膳食材だし、食感が気に入ってます。
くるみはミネラル、ビタミンも豊富。滋養やお肌にいい効果があるようです。さらに脳の形に似ているから、頭がよくなるといわれているようですが、これはさすがに迷信でしょうか~。
メインは豚ヒレ肉、下味づけと軟らかく仕上げる下処理ですごく美味しく仕上がります。このひと手間が大事!そして北海道産・旬のアスパラガス、オプションで人参などを炒めて、特製合わせ調味料で仕上げるだけ。ここで使った「黒糯米酒」は黒もち米から作られた醸造酒で、とても身体に良いお酒だとか。香りも濃厚で、普通の紹興酒とは違いが感じられます。これが効いているのかな、と香港から持ってきた甲斐があるとしみじみ思ったりして。
豚肉はビタミンB1が豊富、ヒレ肉は脂肪分が少ないのに筋肉が発達していないから柔らかで美味しい部位。美味しくて滋養がつきそうなお料理です!ごはんも進んでしまいます!
甘いものはやめられませんが、その分身体にいいものを取り入れていくという薬膳の考え・・・もっと勉強したいです!
[PR]
by ytommy20 | 2005-06-12 00:33 | Asian Dinning
<< 癒しのジェラード2 ふかふかマーラーカオ >>