サボテンのお味

今日は友人と代官山のメキシカンへ。大好きなワカモーレ(アボガトのディップ)はまっさきに注文し・・・途中オーダーに悩んだところ・・・お店のイチオシ「ユカタン半島のプレート」とやらを注文することになりました。
a0035983_054876.jpg
このプレート・・・内容は「サボテンと豚肉のチリ炒め」「焼きバナナ」「玉ねぎのピクルス」「玉ねぎのハバネロ和え」といったところ。これらまとめてトルティーヤに包んでいただきます!
サボテン・・・って見た目は薄い緑色で、ちょっとパプリカみたいな感じ・・・であまり特徴ある味はないのです。それよりも全部一緒に包んじゃうと、バナナの甘さばかりが目立って全体がバナナァ~って感じ。特にこのバナナ、ハバネロの辛味に対抗するがごとくすっごく甘いのです。。。というわけで、どれも単品で味わうのがいいでしょう、という結果に落ち着いたのでした。
それにしてもサボテンまで食べちゃうなんて、よくあるサボテンの景色は食文化だったのか・・・と驚いたのでした。メキシコ・・・ちょっと仕事的に因縁ありそうです。秋あたり渡れるかも・・・と密かに期待しているのでした。
[PR]
by ytommy20 | 2005-06-08 23:06 | Vege&Fruit Market
<< 完熟バナナの行方 癒しのジェラード >>