刀削麺・・・第一回敗れたし・・・

(写真なし)
いつも電車の車窓から見ていた「刀削麺」のお店に行ってきた。店頭のガラス窓からおじさんが麺うってるのもいつも見ていたし、なんといっても「刀削麺」が食べたかった~。

東急目黒線のとある小さな駅からおりてすぐのお店、メニューはけっこう豊富で「刀削麺」系でも6~7品、あとは手打ちラーメン系数品とふつうの麺。けっこうまよったものの、やっぱシンプルな「刀削麺」でしょ~とオーダー。1杯 580円ナリ。安っ。しかもシューマイ2つサービスしてくれた。

目の前に待ちに待った「刀削麺」が目の前に置かれて・・・実はコレが初だから他のがどんななのか分からないけど、ワカメとかメンマとかけっこうふつーの具がのっていた。麺はほんと削りました~~って感じで、太いのもあれば細いのもアリ。けっこうモチモチ系好きな私としては太いのも良かったんだけど、あれはきしめんやほうとう以上のものがある。うどん~って感じ。

で、問題はスープ。飲んでアレ?・・・これはもしや?・・・。
使ってますね~MSG。またMSG使用ラーメン屋に入ってしまったぁ・・・。
飛び込みで入るとこのパターンが多くていやになってしまう。
帰り道はずっと舌がピリピリして、味がまとわりついていた感じ。
楽しみにしていた「刀削麺」なのに、第一回目敗れたし・・・。

そうそう「刀削麺」はシンガポールで「板面(バン・ミェン)」という平たい麺料理を食べてすっかりハマった時に、IndoChineの同僚が"元は「刀削麺」から来ているんだよ"と教えてくれたのだった。第一回と比べたら、「板面」のほうがかなりイケてる。
ま、気をとりなおして、次はちゃんとリサーチしていこう~っと!
[PR]
by ytommy20 | 2004-10-29 23:33 | Asian Dinning
<< インド家庭料理        ... 本場ドイツと日本のコラボ >>